09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

沼津で干物を(1)

2012年 12月26日 23:02 (水)

 本当はこんなタイトルの予定ではなかったのだが・・・。

 ヒーターも取りあえず復調したため、天皇誕生日絡みの三連休は西伊豆スカイラインをSLKで走ろうと思っていた。しかしながら、出発時の天候(予報も)は悪く、雪が降るかも知れないという。しかも、治まっていた妻の腰痛が再発の恐れという事態に至り、SLKで走りに行くのは断念せざるを得なくなった。

 そんなわけで、またしても雨模様の中、CX-5での出撃となった。そうなると、メインは走りではなく何か食べ物をということになる。湯河原の秘密基地にあるミカンを収穫して、沼津で鰺の干物を買って帰ろうという計画になった。

 それほど早出する必要もないので、平日と同じように行動して、7時半に出発。特に混雑することもなく圏央道の狭山PAでの朝食休憩もお決まりのパターンである。前回試したコメダ珈琲よりコストパフォーマンスがいいと思うので、おそらく定番化するだろう。関越道も含めて、電光掲示板には大月JCT~勝沼ICまで通行止めの表示がずっとあった。こともあろうに妻は「ずいぶん大きな事故だね。通行止めが長い。」など見当外れにも程がある台詞を吐いていた。どうもあの笹子トンネル事故と結びつかなかったようだ。確かに電光掲示板の情報は「直近に起こったこと」と思いがちではある。常磐道の「災害通行止め」表示も災害の内容が原発事故と結びつくのに一瞬間が空いてしまう。

 実家に荷物を下ろしたいという妻の希望があり、平塚経由で湯河原を目指す。何となく混雑しているというイメージで敬遠していた西湘BPだったが、快適に走れることがわかり、今回も迷わず利用した。伊豆半島へ遊びに行く人が減ったのか、R135以外にアプローチルートが整備されたのか、あるいはその両方か定かではないけど、慢性的に渋滞していた早川口付近もほとんど混雑せずに走れるのは嬉しい。昔なら、冬でも三連休初日の午前中なら、間違いなく大渋滞していたと思う。

 スーパーで適当に食料を買い込み、目的地に到着。妻はもう出るのはイヤそうだったので、ちょっと近所へ散歩(とは言え、CX-5で)。この辺の地域は山が海のすぐそばまで迫っているため、急峻な地形である。距離的には自転車で十分であっても、高低差が激しくてまず使えない。そのせいか、この町では自転車の姿はほとんど見かけない。なので、車(路線バスも含む)に頼らざるを得ないのが現状である。

 急勾配の道を上り、町のゴミ処理場を越えてさらに高度を上げると、公園に出る。トップシーズンでもあまり人が来ないのでは?と思える公園であるが、きちんと整備されている。もちろん、12月のこんな状況では人っ子一人いない。雲の上に出たので、青空が見え、眼下には雲海っぽいものが広がって幻想的な風景になっていた。逆に晴れていれば、遠く三浦半島や伊豆諸島まで見渡せそうだ。今度は晴れの時に訪れてみたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント