09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

霞ヶ浦ツーリング(2)

2013年 02月03日 22:21 (日)

 K50を右折して、交差点の角にあったコンビニでおにぎりを購入した。その先を左折してみたところ、短いながらもこれが良い道。この日唯一とも言えるペースを上げての走行を楽しんだ。K185経由でK186に出て北浦大橋を渡った。K18に左折して南北に長い北浦の東岸を北上した。鹿島臨海鉄道、大洗鹿島線と交差したところに北浦湖畔駅が見えた。高架になっていて、何もなさそうなところの駅だったのでフラフラと立ち寄ってみた。無人駅なのは当然として、乗降に必要な最低限の設備しかなかった。でも、トイレがあったのは立派か。

 せっかくだからホームに上がってみるかとカメラを持って階段を上った。すぐ近くに地元の人と思われるお婆さんが居たけど、こんな所なんで写真に撮るんだろう?と疑問に思っていたようだ。と言うのも、この時たまたま汽車がやってきた。「ああ、汽車来たのね。」という独り言が聞こえた。鉄ちゃんが写真を撮りに来たと思ったに違いない。たまたまなんだけどねぇ。とは言え、ナイスタイミングだったのは間違いなく、車両をカメラに納めた。汽車という表現をしたのは、正確な表現を失念したからで、1両編成のディーゼル車なので列車とも電車とも違うような気がしたから苦し紛れである。

 走っているうちに、エンジンオイルが減ったぞというインジケーターが点灯した。これ自体は特に慌てて対処する必要はないのだけど、オイル交換時期なのでついでにオイル交換でもするかなと思った。時計を見ると、ショップまで高速に乗れば余裕で間に合いそうだったので、もう少し一般道を走るつもりだったのを高速道路で帰ることにした。K18を走り続ければ茨城空港北ICに至る。ICの手前でSLK55の後ろに付いた。そのまま高速に乗ったけど、55は北関東道を東へ向かったので、一緒に走ったのはほんの少しだけだった。

 それほど交通量が多くない北関東道をひたすらマイペースで西進して、夕方にはまだ少々早い時刻に予定していたショップに到着。しかし、間の悪いことに社長が不在で対応不可だった。最後はちょっと予定外だったけど、久々にSLKをオープンで乗れ、気分が良かった。CX-5のディーゼルエンジンがいくら良くても、ガソリンエンジンの気持ちよさは味わえない。楽しむのはやっぱりガソリンエンジンだなと再認識した次第である。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント