FC2ブログ

タイトル画像

改めて万博(1)

2013.03.20(09:49) 1654

 関西の御仁が尽力してくれて、大阪、神戸オフ会が開催された。メンバーは主催の戸川流さん、スナフキンさん、メディチさんである。今回は「街オフ」であることに加え、家人も便乗して関西在住の友人と会うことになったため、足にはCX-5を選択した。かなり暖かくなったとは言え、途中の和田峠や笠取峠の凍結や積雪という一抹の不安もある。そして、高速道路と市街地中心の走行であれば、燃料費が安いCX-5は大いに助かる。以前のステップワゴンなら、これを使うという選択は俎上にも上らなかっただろう。


 集合時間から逆算して、5時過ぎに出発。松井田妙義ICから高速に乗り、佐久南ICで降り、再び岡谷ICから乗るという、名古屋以西へ行くときにはもはや定番となったルートをとった。大型車で苦しめられるR142も思ったより快調。路面に関しても全く問題がなく、予想通りとはいえ、SLKでも十分に走行可能であった。

 岡谷から高速に乗る前に軽く食事をと思ったけど、このルート上にはお店が皆無である。以前は佐久や岡谷の街中を通っていたので、ファミレス程度ならあったのだが、佐久側は中部横断道の一部無料開放区間、岡谷側はR142(R20)バイパスの開通により、街の中を通らなくなってしまった。

 そうなると、駒ヶ岳SAまではおあずけになる。SAは改装中のせいもあるけど、最近の立派なSAと比較すると大きく見劣りするのは否定できない。レストランも本当に細々と営業していて、我々が入店した時点でお客ゼロだった。その後、数組のお客が来たけど、これでは苦しい。完全に時代の流れに置き去られた感じだ。

 一宮ICあたりで事故渋滞が発生し、それがどんどん延びているという情報が入った。ナビは迂回を指示しなかったが、土岐JCTで東海環状~東海北陸道経由に自主的に迂回した。一宮JCTでの渋滞がナビ上に出ていたけど、これは名古屋方面への車線であり、京都方面はスイスイであった。

 名神高速を走っていると、クライスラー300Cに抜き去られた。伊那付近でも300Cにあっという間に抜き去られていたのを思い出した。特徴的なナンバーだったので、この300Cが同じ車であるのに気がついた。SAで休んでいたのかもしれないけど、渋滞にはまっていたのではないか。だとすれば、迂回は正解だった。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<改めて万博(2) | ホームへ | 座禅草>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1654-156e7fb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)