09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2013十勝GT(4)

2013年 07月24日 21:53 (水)

IMG_3540

7月14日:第2日目その2

 さて、ここからは牧場めぐり。とはいってもわざわざではなく、この辺の道を走っていれば、イヤでも牧場に当たる。サラブレッドの聖地、日高らしく牧場は牛ではなくほとんどが馬である。草を食んでいる親子馬の写真を撮っていると、何事かと馬が集まってきてじっとこちらを見ていた。そそくさと退散。

IMG_3542

 海沿いのR235は通らず、D351~D80~D206~D1026~D70と怒涛の道道走行。どれも素晴らしいけど、D80は全く交通量がなく、もうやりたい放題だった(汗。二十間道路は天皇の行幸に合せて作られ、その後に桜が植えられたと看板にあった。当時としては格段に立派な道路だったと思われる。今は全く使われていた形跡のないトイレが沿道に点在していたのは、その名残なのだろうか。

 道道走行はD1025に舞台を変え、まだまだ続く。途中広域農道にスイッチするも、実際にはD1025の改修道路という位置づけのように思われた。R236にぶつかり、D1025は終了。これを左折し、川を渡った先を右折。西様似駅近くからようやくR336に入った。走ることが好きな人だったら、海沿いの国道より絶対にこちらを推奨する。走りながらもう、嬉しくて笑みがこぼれるような道だった。

IMG_3548

IMG_3549

 国道は交通量もあり、それなりには流れているものの眠くなってしまった。ボーっとしながら襟裳岬に到着。さすがに観光地だけあり、函館駅以来の明らかな観光客の集団を見た。日高の道道を走っていた時には晴れていたのに、襟裳岬は霧の中。この時期の太平洋側は海霧が多いからしょうがない。

IMG_3553

 襟裳岬の東側は黄金道路である。トンネル化がかなり進行しており、まだ掘削中のものもあった。まだまだ黄金は敷き詰められるようだ。広尾の町を抜けたところで給油を済ませ、D1037へ。原野の中を突っ走る一直線の道路。途中1か所少し「角度が変わった」だけで、10km近くひたすらまっすぐ。しかも交通量がほぼゼロとなれば、数分で走り切ってしまいそうな勢いである。

IMG_3554

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント