09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

京都・倉吉ツーリング(7)

2013年 08月25日 09:33 (日)

IMG_3833 再びK39で砥峰高原へ。高原までは快適道路だったが、その先が激狭路。路肩を踏み外すのではと何度もヒヤリとした。谷は深くないので、落ちても直接命の危険はないだろうが、間接的には野垂れ死にしそうな雰囲気だ。K6経由でR429に復帰。その先にある高野峠も例に漏れず、大型車走行不能となっていた。ここも確かに狭いが、直線基調区間が長く、見通しが良かったため、走り易かった。

IMG_3834 R29と少しだけ重複し、さらに西を目指す。ここでようやくR429は酷道から国道へ昇格。岡山県境の志引峠も車線はないが、離合するのにそれほど苦労はしない。にも関わらず、トンネル建設をという立て看板があった。交通量の関係なのだろうか?これまでの峠のほうが「酷道度」は明らかに上でトンネル建設は切実のように思う。多分、トンネルが開通すれば、青垣峠だろうが、高野峠だろうが交通量が増えるだろう。あの酷道では一般の人はまず敬遠する。

IMG_3836

 K7に当って、本日の主役は事実上退場。そこから津山に向けては広域農道を利用した。この広域農道は生活道路を兼ねているタイプのもので、交通量は普通にある。なので、マイペースを保つのは難しい。いくつも県道を横切り、R179との交差点にあったセブンイレブンで昼ごはんを調達した。人気のない山道ばかり走っていたため、食事ができるお店が皆無だったのだ。

IMG_3839 ここからR179で人形峠経由にするか、県道を乗り継いで蒜山高原へ向かうか少々迷った結果、後者を選択。K82~K327~K65と走った。K65は油断していたら、峠付近はしっかり険道になっていた。二桁険道が多いなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント