FC2ブログ

タイトル画像

国東・天草GT(4)

2013.09.13(20:26) 1778

IMG_3938 タイトルとは裏腹に、阿蘇~椎葉村という秘境含みのルートを楽しみにしていたけど、やむを得ない。山や川は大雨で危険だけど、海は雨では氾濫しないから、無難な海の近くを走り、とりあえず佐賀関で関アジを食べることにした。走れなければ、食べるしか楽しみなはない(笑。SAはスマートIC併設だったので、そこで高速を降りて(杵築から早見までは多分無料だったせいで300円と格安)、R10で別府―大分間を走った。GT的にはあまりない選択であるが、流れはそこそこよく、海沿いで広々としていて気分は良かった。


 大分市街地の手前でK22に左折した。2010年版ツーリングマップルでは有料となっていた大野川大橋が無料になっていた。そのまま湾岸の産業道路を走ってR197へ。日曜のせいもあったのか、この産業道路は片側3車線の立派なものなのに走っている車はなく、いつも混雑している東京湾岸のそれとは大違いだった。

 道の駅佐賀関に立ち寄った。前回は関アジの寿司を売っていたのに、今日はなし。やめてしまったのか、たまたまなのか。アジコロッケやサバコロッケは同じように売っていた。何故か干し椎茸が格安で売られていて(大分は確かに干し椎茸が名産品だが海辺で売らなくても・・・)、家人は買い込んでいた。

IMG_3941 関アジを食べるのにどの店に行けばいいかよく分からず、とりあえず前回行ってみて休みだった関の漁場へ。お昼少し前だったけど、お客は誰もいなかった。やはり天気のせいか。その後数人のお客さんがやってきた。お店は小さいので、これだけで約半分の席が埋まった。刺身と塩焼きの定食を頼んだ。アジは大きい。しかし決して大味というわけではなかった。運動量が多いのか、身が締まっていて、コリコリと堅い。この堅さを美味しいと取るかは人それぞれだ。美味しいのは確かだけど、正直なところ、私には価格ほどのありがたみは感じられなかった。

 一方、塩焼きは刺身より900円も安く、身が大きいのでまあまあ食べでもある(もちろん、一尾出るわけではない)。こちらは価格とのバランスを考えるとアリだと思った。大切に育てたブランドだから、高額なのは構わない。しかし、私は関アジにそこまでの価値を見出すことはできなかった。

スポンサーサイト




TTRSを走らせろ -anytime, anywhere-


<<国東・天草GT(5) | ホームへ | 国東・天草GT(3)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1778-fa695acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)