07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

高校の友人と新潟旅行(2)

2013年 10月11日 20:53 (金)

IMG_4256 蕎麦に満足して脇を通るK13を南下して宇奈月温泉へ。温泉街から黒部川に沿ってさらにその上流へとSLKを進めた。幸いに雨は止んでおり、時折青空すら見える状況である。諦めていただけに、これはラッキーだ。道は宇奈月ダムで行き止まりになり、そこに目的の温泉とちの湯がある。

IMG_4253 湖の対岸にはトロッコ列車が走っていた。紅葉シーズンではないものの、かなりの頻度で列車が通過していた。温泉施設はよくある日帰り温泉であるが、ロケーションが素晴らしい。室内、露天ともに湯船から湖とトロッコ列車を眺めることができるのだ。素っ裸で観光をしているようで、まさに開放感全開である。ここも要チェックの日帰り温泉だ。宇奈月温泉で事実上行き止まりのように思えるので、知らなければこれ以上先に進むことはないだろう。ちょっとした穴場かもしれない。

IMG_4255 青空が覗いたのでチャンスとばかり、湯上りは屋根を開けて走行した。男二人乗車というハンディキャップがあるものの、秋の風を浴びてとても気持ちが良い。明日の天気は全く期待できないから、貴重なオープン走行である。

IMG_4258 朝日ICまでもどり、そこから再び北陸道に乗った。いい時間にもなってきたので、宿のある寺泊を目指した。青空はつかの間で、IC手前にあるコンビニに立ち寄り屋根を閉じざるを得なかった。何とも短いオープン走行だったけどとりあえずは満足。ナビで距離優先にしたら米山ICで降りろという。もともと最寄りICまで高速を使うつもりはなかったので、ここは素直に従った。高速を降りると何とか天候がもちそうだったので、R8の広い場所にSLKを止めて再びオープンにした。柏崎原発の脇から海沿いのR352へ。鉛色に茶色が混ざりかけた荒れる海を見ながら、宿泊地の寺泊にあるホテル飛鳥に到着した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2013年10月15日 00:57

早いもので、黒部峡谷鉄道も、あと1ヶ月で冬眠ですね。
毎年、終点まで乗車しようと思っているけど、今年もダメそうです。

ハリソンさん

2013年10月15日 18:40

この列車は楽しそうですね。一部はオープンカーですし(笑。
富山へは寒い時期に行く事が多いので、私もなかなか乗る機会がありません。