09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

サヨリ釣り

2013年 10月20日 10:44 (日)

IMG_4300 海水浴シーズンが終わり、秋がやってくると我が家恒例のサヨリ釣りに新潟へ。先週(といっても、かなり昔)、SLKで新潟から戻ったばかりだというのに、連続して関越トンネルを越える。

 新潟日報の情報によれば、新潟~上越のどこでもサヨリが好調のようだ。わずか20cm程度で釣りマニアからはあまり見向きもされないだろうけど、手頃だし我が家にとっては十分に楽しめる。食べでもあまりないサイズだが、刺身はともかく天ぷらにすれば大変美味しくいただける。昨年はCX-5納車直後で、新車を魚臭くしたくないと家人が難色を示したためお休みだった。

 ホコリだらけになっていた道具を引っ張り出し、午前4時半に出撃。まだ真っ暗で、夜明けが遅いなぁと思ったが、そりゃもう秋分の日を過ぎているから当たり前だ。十勝GTの時にはもう十分に明るくなっていた時刻だった。燃費重視の走りで関越道を走り、長岡ICから出た時には夜が明けていた。

IMG_4298 どこで釣るか少々迷った結果、釣具屋も充実している寺泊港に行き、混雑しているようなら人が少なく、我々も慣れている出雲崎港にすることにした。新規場所の開拓もしてみたいけど、何かきっかけがないと腰が上がらない。寺泊港へ行っては見たが、いろいろな面で今ひとつに思えたので、餌等を仕入れてから出雲崎港に腰を落ち着けることにした。

 この日はフグが多いよと釣具屋の店員さんから聞いていたし、実際にそうであった。コマセを撒くとわんさかと寄ってくるフグに辟易しながら辛抱強く竿を振った。しかし、健闘虚しく針に引っかかってくるのはフグばかりだった。それでも、フグの中に時折交じるサヨリが奇跡的に数匹引っかかってきた。

 家人のサビキに何の気まぐれだか2回だけアジが掛かり、釣果はサヨリとあわせて10匹だけ。ボウズでないだけ良しとしないと。先に竿を畳んだ近くで釣っていた人が、要らないといってアジを50匹ほどくれたので、結局は晩御飯のおかずに十分な量になった。

どうも今年は猛暑のせいで季節が1ヶ月ほど狂っているみたいだ。そうするとシーズンにはちょっと早かったのか。ともあれ、時間があれば再挑戦しようと思っている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント