09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

アウトランダーPHEV

2013年 11月14日 20:18 (木)

IMG_4346  新型車に対するアンテナが低くなっていて、あまり旬の車に試乗しなくなってしまった。今回の車も登場したのはもう半年以上前となる。一時期バッテリートラブルがあり、生産が滞っていたようだが、今は順調に作られているようだ。ただし、もともとの生産計画が少ないのか、納期は3ヶ月はかかるらしい。

 EVのステラに乗って以来、市街地の短距離使用ならEVが最強だろうというのが私の今の考えである。無論、楽しいとか趣味的な要素は抜きにして、単純に道具としての意見ではあるが。その考えは短距離走を繰り返したCX-5がイマイチだったことで余計強くなった。ただし、長距離走にはインフラの整備も含めまだまだダメである。

IMG_4347 そこでにわかに注目されるのがこの車である。これは基本がEVであり、エンジンは高負荷時の補助と発電機として働く。エンジンを単なる発電機としてしか見ていないのが潔いというか、もったいないというか。基本EVなのでトランスミッションは存在しないらしい。補助としてエンジンを活用する時はどうするのだろう?営業氏はメカニズムにはあまり詳しくなさそうなので、実際のところはよく判らない。

 
 アウトランダーという車、これまでほとんど関心がなかったため、じっくり見るのは初めてである。車幅は1800mmちょうどでCX-5より若干狭く、長さは4600mm以上あるものの、家人が言うには、長さはそれほど気にならないらしいからサイズ的には合格ライン。ただ、やはりもうひと回り小さく、RVRクラスだと理想的な大きさに近い。デザインは悪くはないが、もともと7人乗りでできているから、ややミニバンぽく、全体のまとまりとしてはCX-5の方がいい。

 
 内装はメーターもきれいで、私としては気に入らないところはほとんどない。三菱の内装は昔からそれほど嫌いではなかったから、抵抗もほとんどない。見た感じではなかなか良く、CX-5購入時にこの車があれば明らかに購入対象として検討していたと思う。

IMG_4345 乗って走りだすと、EVそのもの。EVに関してはステラもリーフも乗っているので、取り立てて新鮮でもない。4WDのアウトランダーがそれらと同じように走るのが不思議といえば不思議。コーナーリングやブレーキングなど市街地では試せないので、可も不可もなしとしておこう。少なくとも不満が出るようなことはなかった。

 
 この車の使い方としては、普段は通勤や買物等で60km/日以下の走行をして、帰ってくると充電、そして週末など時たまロングドライブをするというのがベストらしい。つまり、我が家の使い方がピッタリとハマる。これだと、単純にガソリンの消費のみを考えると、50km/L以上という、とんでもない燃費を叩き出すらしい。弱点の航続距離の短さはハイブリッドで補えるし、道具としては理想的かも。

 
 細かい装備などを検討すると、オプションの選択が不自由だったり、車両価格がかなり高額だったり、まだ発展途上である気がする。加えて、CX-5はまだまだ新しいので買い替えには至らないが、次回はこうしたコンセプトの車が最有力だろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント