タイトル画像

氷見寒ブリツアー (3)

2014.02.05(20:42) 1859

IMG_4557

昨年と同じように美味しいコースが出た。そしてサプライズ(若女将に内緒と言われたので詳しくは書かないが)もあり、大満足の夕食となった。ただ、氷見うどんが出なかった等、昨年と少々メニュー?が違ったようだ。サプライズがあったからかな、と三人で笑って済ませた。


IMG_4560

 寒ブリのような漁の状況によって価格どころか、モノが無くなる恐れのある商品を扱うのは大変だろう。お客は寒ブリを楽しみに来るのだし、かといってストックしておくわけにもいかず、ヒヤヒヤものだと言っていた。寿司屋の「時価」は恐ろしいと言うけど、そういう背景を理解すれば「時価」は良心的であるとすら言えそうだ。中にはすっとぼけてストックしたものや別の産地のブリを出すお店も出てきてしまうというのは事実としては理解するけど、認められないなぁ(すっとぼけなければ、問題ないと思う)。

 翌日は帰るだけなので、ゆっくり目の出発。ブリを買うべく再び道の駅へ。品揃えは昨日と大差なかった。とはいえ、どうあがいても私の地元では入手できないし、こういうものは時価だろうから買って帰る(最初からそのつもりだった)。2kgほどのブロック、ブリ大根用にあらを入手した。

IMG_4562

昼は富山にいた友人から聞いた寿司屋へ行くことにした。私と家人は昨日のブリコースにすっかり満足していたので、寿司は次回でもと思ったが、食べ盛りの息子は楽しみにしていたようなので、初志貫徹。富山市の南にある寿司栄掛尾店へ。このお店は外見と中身のギャップが大きかった。ファーストフード店の雰囲気(あくまで雰囲気だけ)の外観に対して、中は高級料亭っぽい。もちろん寿司は回っていない

IMG_4561 お任せ9コースをオーダーしたところ、苦手なネタを聞かれた。折角なので食べられないことはないのだが、私はマグロと答えたところ、珍しいらしくビックリされた。代わりのネタは寒ブリだったので、私としては大正解だった。ネタは確かに新鮮で良かったけど、握りの技術は地元で食べた寿司の方が上だった。ただ、これはお店のHPを見て想定内ではあったので、問題はない。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<氷見寒ブリツアー(4) | ホームへ | 氷見寒ブリツアー(2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1859-f6e2bec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)