タイトル画像

北信越プチツアー(2)

2014.06.04(20:23) 1921

IMG_4876

 R292から分岐している道は数本あるけど、5月中旬では国道以外は全て冬季閉鎖(高額な万座ハイウェー以外)であるから、このまま国道で湯田中温泉まで下る必要がある。R292にしても、すぐ近くをスキーヤーが滑っている場所もあり、雪と隣り合わせの走行である。もちろん、路面には雪は全くない。


 湯田中温泉街を抜けてどうしようかと考え、これまで走ったことのないR403へSLKを進めた。この国道もR117を越えて新潟県境へと伸びているのだが、県境付近の峠はやはりこの時期、冬季閉鎖である。したがって、全体構想としては野沢温泉方面から越後湯沢へ抜けるいつものパターンで、R403をそれほど長く走るわけではない。初めて走ったR403は交通量僅少に加え、なかなか変化に富んでいて飽きない道であった。こういう道を見つけると嬉しくなる。

IMG_4879

 飯山市街地へ向かうR403と決別し、K38で野沢温泉方面へ。この道もなかなか面白い。草津からこの辺にかけては温泉の宝庫であり、入浴道具を持ってくればよかったかなと思いつつSLKを走らせた。ソロツーリング中は温泉に入る習慣がないので、ついつい忘れる。


 R117に合流して、ひとまず走りのステージは終了。千曲川を挟む対岸にはK95とかR403の続きとか面白そうな道があるのだが、やはりこの時期はまだ冬季閉鎖中である。観光ルートとして重要であるR292の開通が特別に早いと考えたほうが良い。ブログアップの時点では、R292は何と火山噴火による通行止め。難ルートである。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<北信越プチツアー(3) | ホームへ | 北信越プチツアー(1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1921-c3290ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)