タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(24)

2014.08.21(21:25) 1971

IMG_5301

 さすが観光地だけあり、大勢の観光客がいた。中国語が飛び交っていたから、中国からのツアー客が多かったようだ。寿司屋は彼に任せておいたところ、伊勢鮨というお店を予約しておいてくれた。結構有名店らしい。何でもミシュランの星を獲得したこともあるらしい。まあ、その辺はさておき、鮨を楽しむことにする。


 鮨を食べながら彼の旅を聞くと、電車とバスの旅が基本らしい。今回は北斗星の個室A寝台が奇跡的に取れたのがきっかけで、かなりの「乗り鉄」だ。夜行列車で宿代を浮かせることも多いらしく、最近は夜行列車が減ったと嘆いていた。北海道で電車とバスでの移動だと、かなり行く事の出来る場所が限られるだろう。

IMG_5298

 鮨は、上品な感じでそれでも12貫の1人前を食べるとそこそこ腹が膨れた。昨日の網走といい今日の小樽といい、安価で美味しい寿司が食べられる。そういえば、北海道で回転寿司に行っていないが、どうなんだろう。回転寿司でも一皿500円というのもあるから、それと比較すると廻らない寿司屋でもそれほど高額ではない。

IMG_5299IMG_5300

 お互い旅の無事を祈念して、南小樽の宿へ戻った。小樽-南小樽間はけっこう列車の本数があり、移動には苦労しなかった。南小樽の宿は魚松旅館という、風呂も家庭の風呂だったり、共同冷蔵庫があったりする下宿や簡易宿泊所という雰囲気だった。でも、きれいで狭くもなく下手なビジネスホテルよりよかった。観光地のため無駄に高い小樽の宿泊代だが、ここは安くて助かる。

 ここで大失敗。楽天のカード払いをしたつもりで、宿泊料を支払わずにチェックアウトしてしまった。帰宅後に現金払いだったことに気づき、慌ててお詫びの電話と代金の振込をした(汗。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<千載一遇GT北海道2014(25) | ホームへ | 千載一遇GT北海道2014(23)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1971-c3256e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)