タイトル画像

千載一遇GT北海道2014(26)

2014.08.23(20:29) 1973

IMG_5313

 大成で国道に合流し、さらに南下を続けた。次なる目的は今年5月に廃線となった江差線を見ることである。この二つの目的のためのルート選択である。江差駅前は店も全てシャッターが下りていて侘しさに輪がかかっていた。駅舎は封鎖されており、「ありがとう江差駅」という看板が建っていた。


IMG_5314

 D5に入り、旧江差線に沿って走った。踏切は当然のことながら廃止されており、レールが取り外されていた。他の部分はまだレールが残ってはいたが、草が旺盛な繁殖力を示しており、着実に線路が覆われ始めていた。数年後には痕跡がなくなってしまうかもしれない。

IMG_5315  木古内駅が近くなると、来年には開業する予定の新幹線の効果が見えてきた。世代交代そのもの(路線が違うから交代とは言えないか)だ。木古内からはR228で函館を目指す。とはいえ、まだフェリーの時間には早い。昼ご飯をどこで食べようかと思案し、数年前に訪れてなかなかうまい食事を出した恵山にある道の駅に行くことにした。と、簡単に書いたが、50km以上は余計に走ることになる。

IMG_5316

 地元と変わらないお店が並んだD100を走り、D83~D41で目的の道の駅へ。天候が悪くなってきて、このGTで初めてまともに雨に降られた。この状況なら道の駅といえども空いているかと駐車場にSLKを滑りこませた。確かにかなり空いていたが、肝心の食堂が撤退してしまっていた。恵山方面にはあまり(道外からの)観光客は流れないのか。

IMG_5318

 うら寂しい道の駅の近くにローソンがあったので、そこでお昼にした。幸いなことにイートインスペースがあったので、利用させてもらった。まだまだ余裕があるので、亀田半島を一周して大沼方面へ回ってみることにした。バイパスの建設が進んでいたけど、交通量からすれば不要に思えた。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<千載一遇GT北海道2014(27) | ホームへ | 千載一遇GT北海道2014(25)>>
コメント
踏切のレールを撤去後、アスファルト補修までしておきながら
センターラインすら引かない所に財政が見え隠れしている気がします。(苦笑)


【2014/08/25 23:36】 | ハリソン #JSlyrjWk | [edit]
レール撤去とアスファルト補修はもしかしてJR持ち?
なるほど、センターラインがなくても困らない交通量ですが、財政までは考えませんでした。
【2014/08/26 17:28】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/1973-e6ff208d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)