07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

千載一遇GT北海道2014(28)

2014年 08月26日 17:43 (火)

IMG_5324

 いよいよ最終日。このGT記も終りが見えてきた。基本的に自宅へ帰るだけであるため、テンションは否応なく下がり気味。ろくな写真も撮らなかった。高速道路の割引が渋くなって、行きは高速代が10000円近くになってしまった。これでも3割引きだから昔より安いのは確かだが、1000円高速時代からするとかなり高い。これを何とか節約しつつ快適に帰ることを一つの目標とした。

 東北道をそのまま走るのは論外なので、日本海側へ回るのが基本的な作戦である。K120~K27で青森空港の脇を抜けて東北道を越えたところで南下した。黒石ICから東北道でワープした。小坂JCTで東北道と別れ、無料開放中の秋田自動車道へSLKを進めた。終点の二井田間中ICからK52へ。歩道上で立っている人がいた。何してるんだろうと訝りながら脇を通過すると、ネズミ捕りの準備中だった。

IMG_5325

 日本海側に向かうのに都合がいいR285へ。R285でも以前ネズミ捕りを目撃したことがあったが、基本、白のセンターラインで走りやすい道である。ネズミ捕りづいている今回のGTだが、ここでは遭遇しなかった。道の駅五城目での休憩もいつものパターン。そして、これまたいつも通り秋田中央広域農道を走る。この農道は交通量が多いので、「農道らしい」走りは期待できないが、この日は交通量少なめだった。

 農道を終点まで走り、K42で南下する。秋田空港の脇を抜けて、K44で岩城ICを目指した。K44はツーリングマップルでお勧めの道になっていたが、なるほど、これは楽しい道だった。ツーリングマップルお勧めの道は必ずしも私の好みではないが、この道はピッタリと一致した。

 岩城ICからこれまた無料開放中の日本海東北道を終点まで走った。この先には鳥海山が鎮座しており、海沿いのR7以外は南下する道がない。当然混雑し、渋滞しないまでも流れは遅い。この区間だけはどうしようもないなぁ。ジリジリと照りつける太陽で、熱さMAX。たまらず象潟付近のローソンで水分と食料を補給した。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年08月26日 19:09

渡道時には青空が見えてましたが、その後の写真は曇りがちで気になってました。
旅の後半ですが青空が覗いていて他人事ながらホッとしています。σ(^_^;)

シバタクさん

2014年08月27日 19:12

ご心配、痛み入ります。
全体として薄曇りが多く、オープンには良かったです。
本州に戻ってからのこの青空は逆に灼熱地獄になりました。