05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

エンジンオイル交換に挑戦(実践編)

2014年 10月01日 22:57 (水)

IMG_5400

 交換作業はGT出発前に行うことにした。オイルの粘度を下げて抜きやすくするため、オイルは温かいほうが良い。アイドリングするのも勿体無いので、通勤にSLKを使用して帰宅直後に作業するれば効率がいいだろう。

 オイルレベルゲージを引きぬいて、チェンジャーの先端を挿入した。チューブの材質が良く、ゲージと同じようにスルスルと入り、オイルパンの底にコツンと当たる感触がよくわかった。車種によっては底までパイプが届かないらしいが、SLKのM272エンジンは問題無さそうだった。

IMG_5401

 チェンジャーを組み立て、自転車の空気入れの要領でポンプを上下させると、タンク内が負圧となりオイルが吸い上げられた。パイプは途中から透明になっているため、オイルが流れてくるのが目視できる。ポンプはオイルの吸い上げ状況に応じて適当に上下させれば、連続的にオイルは抜けてくる。

IMG_5403 15~20分程で5L程度のオイルが抜けた。石油ポンプのように空気抜きがないので、ゲージの穴からチューブを引き上げて吸引を中断した。抜いたオイルを処理箱(ホームセンターで4.5Lのものを2個購入した)に移し替えて、再び吸引開始。SLKのオイルは8Lだから、残りは3L。このまま全量抜き取ることができるだろう。

IMG_5402

 数リットルのオイルが抜けたところで、オイルを抜きながらフィルター交換を行う。SLKのフィルターはエンジンカバー(それも楽なフロント側だけでOK)を外すと、とても交換しやすい位置(上の写真で緑色の○で囲んだのがそう)にあり、購入したレンチを使ったら簡単に取り外すことができた。レンチに記されていた例の注意書きは杞憂に終わったようだ。私はフィルターケースごと交換するタイプしか知らなかったが、SLKは中身だけ交換するエコ仕様?で、黒く見えているケースは再利用する。

スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

tag : オイル交換

コメントの投稿

非公開コメント