タイトル画像

与作GT2014秋・四国(17)

2014.10.23(20:56) 2020

IMG_5569

 少々まったりして、再スタート。ちょっと戻って、蒜山大山スカイラインを下った。当初は海沿いを東進するつもりだったのが、大山を一周してしまったので、内陸のR482で東に向かうことにした。多分、この選択は正解だっただろう。というのも、このR482はすこぶる付きの良道。途中人形峠はR179と重用しているが、この部分も快走路だ。


 人形峠はトンネルで抜けているが、峠に原子力関連施設があるため、いわゆる旧道も健在である。小学生の時だったか、実質日本唯一のウランの産地と習った記憶があり、実に40年後にその地に立った(トンネルで下を走り抜けただけだが)ことになる。

IMG_5570

 人形峠で岡山県入りするも、辰己峠で再び鳥取県に戻り、順調に走る。交通量が少ない上に、追い越しが非常にしやすい道路(むしろ、追い越されやすいと言ったほうがいいかも)であり、一気にR53まで走りきった。もっとも、途中から民家が増えてきて、追い越し禁止になるが十分満足したあとなので、むしろクールダウンするのに好ましいかった。

IMG_5571

 途中、無料開放中の鳥取道に入り、鳥取砂丘まで走った。間違いなく行ったことはあるのだが、もう記憶の片隅にもなかった。砂の色と空と海の色のコントラストが実にいい。やはり天気がいいというのは重要なことだ。

IMG_5575

 砂丘を見て、市内中心部にある宿へ。寿司屋併設の旅館で、寿司を食べてそのまま泊まれるいわゆるオーベルジュ?宿は昭和の香り全開で、非常に懐かしい感じがした。寿司を腹いっぱい食べて、残すはあと2日。

本日の走行:409km、燃費:9.8km/L

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<与作GT2014秋・四国(18) | ホームへ | 与作GT2014秋・四国(16)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2020-3ae11627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)