07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

与作GT2014秋・四国(27)

2014年 11月04日 22:02 (火)

IMG_5670

 何気なく長期連載?になってしまったGT記も今回で最終回。

 白川郷は急速に陳腐化したように感じ、素通りしてR360で天生峠へ向かう。休憩した道の駅もR360沿いだったから、形の上ではスーパー林道がR360の不通区間を繋いでいるようである。冠山林道を走ったあとでは天生峠は酷道でも何でもなく、普通の狭い道に感じる。紅葉時期は混雑して酷道になるだろうが、今はそんなことはない。

 古川の手前からK75に入る。二桁国道のR41を避けてR471で平湯へ抜けようという魂胆である。この県道は予想通りの快走路である。R41の手前で右折して広域農道へ。快走は続く。神岡町のはずれからR471に入り平湯まで走った。

IMG_5672

 山道を走りまくったせいで、フロントタイヤがそろそろ怪しくなってきた(交換した話は遥か以前に書いた)。ペースを落としてタイヤの負担を軽減すればいいかと、そのままR158旧道の安房峠(R360の天生峠と発音は似ている)に突入。トンネルができる前までは松本-高山のメイン道路だっただけに、絶対的には酷道ではない。しかし、ここに大量の観光バスや大型トラックが押し寄せると、一気に酷道と化す。ヘアピンカーブがきつく、ホイールベースの長い大型車は切り返しが必要で、その際に離合できずに立ち往生ということがしばしば起こっていたと記憶している。

IMG_5673

 トンネルが開通した今は私のような物好きか、写真撮影や登山の人が利用する程度で意外に楽に走ることができた。急がないときは安房峠越えもありだ。峠からの景色も素晴らしいもので、行き交う車もほとんどないため、ゆっくりと堪能できるのもいい。

IMG_5674

 松本までのR158はもう諦めて、チンタラ走る。K278は相変わらず落石で通行止めのまま。もはや修復させる気がないのだろう。K48で松本トンネル方面へ走り、料金所直前を右折してみた。トンネルを峠道で越えることになり、安曇野の風景を一望することができた。通行料を節約(100円だし)というより、道路と景色を楽しむならこちらの選択肢もあり得ると思った。

 三才山トンネルを越えて(和田峠といい、長野県は交通の要衝で関所のように有料道路を設定しているのが何ともなぁ)、K81に入った。非常に見晴らしの良い道路なのだが、R18の北側で浅間サンラインになってからは大型車の通行が多いのが玉に瑕である。碓氷バイパスを下り、山三昧だった本日の走行も終わり無事帰着となった。

IMG_5676

 今回のGTは2500km程度だったが、一般道、それも峠道を中心に走ったため、中身はとても濃かったが、SLKには過酷なGTになったようだ。

本日の走行:515km、燃費:9.5km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年11月05日 07:38

レポご苦労様でした。
お腹いっぱいです。

それにしても、白山スーパー林道は天気が良いと眺めは最高ですね。

シバタクさん

2014年11月05日 18:50

最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
初めてのスーパー林道が好天に恵まれ、運が良かったです。