05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

衝撃的な出会い

2014年 12月15日 20:46 (月)

 それは、登録しておいた中古車サイトからの一通のメールから始まった。いい加減なアンテナの一環として、先の2車種に関してこちらの仕様に合う車が出るとメールを送るように設定しておいたのだ。もっとも候補の1つは981ボクスターだから、こちらは今買うには価格的にちょっと折り合わない。必然的に狙いは別の1車種となる。

 メールの内容をチラリと見たところ、珍しいことに地元のディーラーの物件であった。ちょうどそちら方面へ行く用事もあり、翌日早速ディーラーへ行ってみた。実物を見て驚いた。ネット上ではよく確認しなかったのだが、2010年モデルにもかかわらず走行距離は僅か2000km、しかも完全室内保管でほぼ新車の状態だった。


 逆にあまり走っていなさすぎてダメかなと思ったけれど、乗っていないのにもかかわらず、メンテナンスはそのディーラーできっちりと行なっていたという。新車から面倒を見ている車なので、車の状態はディーラーが完全に把握しており、全く問題ないとのことだった(問題有りとは言わないだろう)。


  私の欲しいのは2010年モデル一択なので、年式は問題とはならない。素性がこれだけはっきりしていて、新車同様のタマはこれを逃したら永遠に出ないだろう。「これは買いだ」という声が、私の頭の中を駆け巡った。当然、これだけのタマなので、引く手数多、考える時間はほとんどない。


 さすがに、その場で判を押すことはできなかったが、一晩悩むことになった。価格は相場と変わらず、走行距離が極小だからといって高いことはなく、なんとか資金をかき集めればいけそうである。国産車なら新車が買えそうなので、ちょっと気になる国産車と比較してみた。


 新型WRXSTIだけが比較対象として残ったが、走りは文句無くともプラスαが足らないし、あのカクカクした面のデザインが受け入れ難い。いい加減、年をとったオッサンになるとプラスαも重要だったりする。やはり、先の中古車には及ばないという結論になった。


 翌日、朝一番でディーラーに電話すると、まだ残っているという。この辺にも運命を感じた。SLKの査定でこちらの想定通りの価格が出たら、買い換えることを決意してディーラーへ出かけた。


 出迎えてくれた店長さんと話をすると、そのディーラーでは未曾有といってもいいほどの反響らしく、問い合わせが止まらないという。だから「商談中」にはせずに、とにかく最初に判を押した人に売るということだった。今も東京からこちらへ向かっている人もいるという、不動産屋の常套句みたいな言い方も多少の誇張はあるにしても、あながち嘘ではないだろう。


 SLKの査定は想定通りの50万円。この状態では値引きは期待できないから、目一杯だと思う。この額は2年前ほどに987ボクスターの中古を見に行った時の査定額と同額だった。レクサスRCの時は70万だったが、これは書類上値引きができない代わりだと考えている(それでも、頑張ったと思う)。

これで買わない理由がなくなってしまった(笑。形式的に家人に電話して、判を押す(サインする)旨を一方的に告げた。こうして、出会いから僅か2日間でその車を注文したのであった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2014年12月16日 07:18

そう言う事ってありますよね。(^^)

シバタクさん

2014年12月16日 18:09

買い換えは勢いです(笑。何か、結婚と似てるなぁ・・・。

結婚は・・・

2014年12月16日 18:28

勢いと
タイミングと
あきらめです。

車は最後の1行が違います(^_^;

naga326さん

2014年12月16日 18:56

むむ、確かにその通り。