タイトル画像

電動じゃなくても

2015.02.08(11:00) 2085

IMG_5900

 TTRSのリヤハッチとフューエルリッドのオープナーは運転席のドア下部にある。ライトが点灯しているとその部分が光るので目立つが、そうでないと非常に見にくい



にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 そんな場所にあるので、スイッチはワイヤー式ではなく電気式である。電気式はタッチも軽くできるし、高級感の演出には具合が良い。ただ、逆にバッテリーがあがるなど、電気のトラブルが起こると手も足も出なくなる。フューエルリッドの場合は物理的に開けられる仕組みがあり、これは納車時に説明を受けた(でも忘れた)。


 リヤハッチは物理的に開ける仕組みがなく、電気が来ないと困ったことになる。ご丁寧にTTRSはバッテリーがラゲッジルームにある。だから、突然バッテリーがあがると(欧州車ではバッテリーの突然死が多いと聞く)大変なことになるみたいだ。

IMG_5902

 そうでなくとも、いちいちスイッチを押さないとハッチが開かないのは不便である。多くの車にあるように、ハッチの下部にオープナーを付けておいてくれた方がよっぽど便利である。ふと思ったが、フューエルリッドの物理的なオープナーはラゲッジルームから操作するので、バッテリーが上がるとやっぱり面倒な事になりそうな予感がする。何もかもが電動である必要はないと思うのだが。


 そうそう、テールゲートのボディ側の受けはフラップ状になっている。この動きが悪いとゲートを閉めた時に破損してしまうらしい。しかも、この部分だけでなく、Assy交換らしいからかなり高く付くようだ。なので、多くの人は破損したらそのまま(ディーラー談)。そうならないことを祈る。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<グリルにブロワー | ホームへ | 冬の粕尾峠(2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2085-43a9dabc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)