タイトル画像

2015春 能登・金沢GT(7)

2015.03.24(20:37) 2111

IMG_6182

 こんな辺鄙な場所だし、すいてそうでちょうどいいやと思いながら行ってみると、ええっ、ここだけ人が溢れている。やっぱりマスコミで紹介されたのかと、あとで調べてみると漁港+回転寿司というのが珍しいようで、地元の新聞でかなり取り上げられたようだ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_6183

 1時間待ちと言われたので、通常ならとっとと退散するところだ。しかし、あとは金沢へ行くだけだし時間的余裕があるため、のんびり本でも読みながら待つことにした。私としては例外中の例外行動である。その先にはやはり何もなかったから、ここで食べて結果的に正解だったようだ。

IMG_6185

 当然、漁港で水揚げしたばかりの鮮度抜群の魚がここの売りである。しかし、最近は保存技術や回転寿司のレベルが向上しているせいか、それほど大きな差を感じることはできなかった。地元でもこれと同レベルの回転寿司屋はある。こう書くとあまり美味しくなさそうに思えるかもしれないが、それは誤解である。ただ、1時間も待ってわざわざ食べるまでもないという程度である。すんなり食べられるならリピートは十分に有り得る。

IMG_6187

 ここで大休止したものの、ナビによれば17時には宿に到着できそうだ。K36~R249と走り羽咋市役所の手前から海側へ。やはりなぎさドライブウェイは外せない。人によっては砂浜を走るのは好まないかもしれないが、まあ私はそういうことにはあまり頓着しない。ただ、ほとんど海に入っているだろという程、波打ち際まで寄っている車もあり、さすがにそのマネはできない。

IMG_6190

 国道に戻り、免田を過ぎたところでまた県道へ。走ったのはK162である。地図上ではK8がすぐ近くを並行して走っている。なんだか無駄っぽいなぁと思っていたら、水平距離こそすぐ近くだが、垂直距離がかなりあった。低地のK8に対してK162は高台を走っていて気分が良い。

IMG_6191

 金沢市のベッドタウンとしてだろう、白帆台と名付けられたニュータウンの中を通過。金沢医大もあり、なかなかハイソで住みやすそうな町に見えた。そこからはナビの指示通りで宿泊地へ到着。走行距離は300km弱。このくらいだと相当余裕のある(ありすぎとも言う)行程となった。

本日の走行:275.3km 燃費:12.0km/L

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2015春 能登・金沢GT(8) | ホームへ | 冬モード解除>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2111-16ef0968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)