タイトル画像

北欧旅行記(5)

2015.07.05(16:46) 2160

IMG_6461

 そうこうしているうちに、列車は終着駅のヨーテボリに滑り込んだ。シートの大きさやスペースが贅沢にとってある点は素晴らしかったが、総じて日本の列車の方が車両として優れていた。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_6463

 気がついたのは2点。第一は座席の向きが変えられるのは日本では当たり前だが、SJは固定式。第二は車両が汚い。これはゴミが落ちているとかそういうことではなく、いわゆる洗車がされていない。車体は薄汚れているし、窓ガラスにも汚れがついていて、せっかくの景色が今ひとつ(窓は開かない)だった。実は、列車を洗車する日本はすごいのかもしれない。

IMG_6466

 例によって改札なしのまま駅から出た。少なくとも駅周辺はコペンハーゲンより栄えていてきれいで、心なしか走っている車もグレードが高い。トラム(路面電車)とバスがひっきりなしに走っていて、市内の足は便利そうだった。

IMG_6468

 宿泊地のホテルロイヤルはヨーテボリ最古と謳っている。どこにも属さず、独立を守ると誇らしげに部屋のパンフに書いてあった。なかなか良い意味でクラシカルであり、鍵は重量感抜群だし、エレベータの外扉は木製で半自動だった。上の写真がエレベーターで、右側のボタンがわずかにそれを主張している。

IMG_6469

 また、各部屋で内装が異なっており、私にアサインされた部屋は赤を基調にしたもので、女の子の部屋のようだった。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<北欧旅行記(6) | ホームへ | 北欧旅行記(4)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2160-987dae90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)