タイトル画像

北欧旅行記(8)

2015.07.10(21:53) 2165

IMG_6509

 今回のホスト役の一つヨーテボリ大学。既に夏休みなのだろうか、閑散としていて学生の姿は殆ど見られなかった。アメリカの大学の広大なキャンパスの印象が強く、外国の大学は広いというイメージが私の中に植え付けられていた。しかし、少なくともこの大学はそんなことはなく、日本の都市部の大学と敷地的には大差なかった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_6512

 2日目の夜は市内唯一と言っていい、タワーホテルの最上階にあるバーで名物とされるエビサンドイッチを食べた。北欧へ来て、サンドイッチという概念は根底からひっくり返された。写真のものがサンドイッチと称して出てくればそれも納得だろう。我々は4人で二皿でちょうど良かったが、多くの地元民は平気で一人一皿平らげていた。

IMG_6510

 窓から下を見るとトラムと道路が複雑に交差していた。よそ者の私にはどうやってそこを通るのか(どこを走るのか)ほぼ理解不能だったが、(当たり前だが)実に円滑に車とトラムが行き来していた。翌日にも再確認されたが、スウェーデンの自動車運転マナーは極めて良い。横断歩道に人がいるとほぼ100%の車が停止する。横断歩道の数はそれほど多くないので、きっちりルールを守ってもストレスにはならない。横断歩道の数はやたらと多いのに、ほとんどの車が停止しない日本とは対照的だった。

IMG_6511

 自転車道も整備されていて、見ているとどうも自転車が最優先されているようだった。その分、自転車の走行ルールもほぼ車と同じように厳格に守られていた。やはりルールの厳格化を徹底するには、きちんとした走行帯の整備を合わせて行う必要があるだろう。トラム、バスと自転車を合わせて、市街地における市民の足はほぼこれで確保されていると思われた。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<北欧旅行記 (9) | ホームへ | 北欧旅行記 (7)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2165-d976858c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)