09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2015北海道GT (15)

2015年 08月15日 13:15 (土)

IMG_6897

 北海道GTツーレポに戻ります。
 気分も軽くなり、納沙布岬まで足を伸ばすことを決意した。大好きな道東の牧草地の中を存分に走ったので満足感は高い。ただし相変わらずアクセルはかなり控えめである。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_6900 R243に入り、農道を経由してR44へ。根室市内で給油。やはりかなりの高燃費が継続している。納沙布岬に来ると北方領土が意識される。前回来た時より返還せよという意識が強まっているようで、いたるところにそういう表示が見られた。人間は何度も行っているので、灯台までは行かずに、最東端の柱でポルシェマカンターボとツーショットを撮影。

IMG_6902

 そこで、先ほどのライダーに再開。同じようなコースを巡るから再開も不思議ではないか。肉眼では国後島歯舞群島を見ることができたが、写真にするとただの海だった。もう少し雲が少なければはっきり見ることができたのに。

IMG_6903 走行距離の割には時間を食っている。でも、焦るほどではない。ここから厚岸にある宿まではハイライトの一つである北太平洋シーサイドライン一本勝負。ここを走るつもりで厚岸に宿をとったのである。いくらタイヤが気になると言っても、ここを走らずしてどうする。IMG_6906

 この道はとにかく変化に富んでいるところがいい。もちろん、交通量僅少+マイペース走行可能という前提条件は難なくクリアしている。根室から初田牛あたりまでは、鉄道と並行して眺望はあまりない。そこから一気に海の方へ曲がり、突然視界が開けて海が目の前にという具合に変化するのだ。しかも湿原あり、牧草地ありと飽きさせない。

IMG_6907

 太陽の具合も調度良く、岬が陽光を受けて浮き上がるように見える。何重もの条件をクリアしてこそ見える風景を見ることができた(と思っている)。途中、何度か写真撮影をしながら、マイペースでクルージングを続けた。

IMG_6911 根室-厚岸は100km弱と、本州ではかなりの距離と感じるはず。しかし全く飽きることなく、そしてストレスを感じることなく走り切ることができた。いつもそこだけ霧に包まれている霧多布もこの日は晴れていた。これは初体験である。やはりここは北海道でも屈指のドライビングルートであると確信している。タイヤが万全なら、さらに倍と言いたいところ(苦笑。

IMG_6917

 本日の宿は五味ホテル。場所をよく確認していなかったら、厚岸駅前だった。厚岸は牡蠣の名産地。牡蠣を中心としたプランを申し込んでおいた。基本ビジネスホテルだが、食事にも力を入れているという感じの宿。税別1泊2食で8000円というお値打ちにもかかわらず、牡蠣三昧と言えるほどの内容だった。しかも牡蠣だけではなく、他にもいろいろと海の幸が出て大満足。ここは当たりだったようだ。

IMG_6921本日の走行:415km、燃費:14.2km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント