03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

2015リフレッシュ九州GT (6) ー山から海へー

2015年 11月12日 20:38 (木)

IMG_7322 小林市街地が近づくにつれ、交通量も増えてきたため、勢いでK401に左折。自分の中では日本三大酷道の一つ、R265を実質的に制覇した満足感があり、完全走破のために端点である小林市街地まで行く必要もないだろう。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 K401も最初こそ広いが、すぐに先ほどまでの酷道と似たかよったかになった。ここまでは想定済みだったのだが、その先、抜け道としてツーリングマップルに掲載(薄紫色の縁取り)されていた道がひどかった。1.0車線なのは言うに及ばす、急勾配と路面の悪さが半端ではなかった。さすがにこの道は走らないほうが良い。ツーリングマップルもひどい道を案内するものだ。

IMG_7324 這々の体で山を降りてR268へ。これを右折して1kmほどで信号を左折。御池野尻湖ロードと言われる広域農道だ。ここから先は、前半の酷道と打って変わって「爽快」という言葉がピッタリする道ばかりだった。アクセルを開けるためにあるような道で、あっという間にR221に。これを右折して今度は都城盆地朝霧ロードへ。この道は生活道路も兼ねていて、交通量はそれなりにあるが、流れが良かった。広々とした風景はちょっと北海道を彷彿させるものがあった。

IMG_7330 この時点でお昼。酷道区間を想定よりかなり順調に走破できたことになる。当初はこのまままっすぐに南下し、志布志に確保した宿を目指す予定であった。しかし、それではいくらなんでも早過ぎる。オプションとしておいた都井岬方面へ回る時間が十分にありそうだ。ストレスなしの走りができるらしいK33を東進。看板に偽りなしで、完全2車線で白ライン、高速コーナー主体の道は実に気分良く走れた。本当はK33沿いにあるレストランでお昼にするつもりでこのルートにしたのだが休業。しかし結果オーライだ。

IMG_7335 そのまま走ると日南市街地に突入するため、途中、黒潮ラインにスイッチ。この農道は登坂車線まで整備されている豪華版。さあ、走りなさいと言わんばかりである。昨日の農道で最高を極めたと思ったのだが、まだまだ激走路は存在することがよくわかった。

IMG_7336 K3~K443で海岸線のR220に出た。目井津漁港付近で見つけたお店で海鮮丼のお昼。平日なので地元の人が多めだった感じ。予定していたお店は休業だったけど、この海鮮丼が美味しかったからやっぱり結果オーライ。漁港には新たな建物を建設中で、食事処やお土産屋になると思われた。

IMG_7339 R448に分かれて、海岸線をのんびり走ろうかと思ったら、全面通行止め。迂回路に指定されていたK439で幸島の手前でR448に合流した。時間もあるので、通常なら通過する幸島(猿の島として学術的に有名らしい)に立ち寄った。といっても、島に渡ったわけではなく、遠くから眺めただけだが。

IMG_7340この海岸線を走るのは久々であるが、改めてシーニックロードだなと感じた。なのでそれに従い、クルージングペースにダウンして景色を楽しむことにした。交通量は数えるほどだし、これはと思った場所で車を止めて写真が撮れるのはありがたかった。

 

通常、再優先で立ち寄るはずの都井岬は敢えてパス。理由はとくにない(笑。そろそろチェックインしてもよさそうな時間になった。志布志市内で給油等の野暮用(極めて不愉快な出来事があった)を足し、本日の宿である民宿せせらぎにチェックイン。

本日の走行:379 km、燃費:10.9 km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント