04月 « 2017年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

2015リフレッシュ九州GT (18) ー山陰路を走るー

2015年 12月04日 20:31 (金)

IMG_7478 R191に復帰し、K39の交差点を過ぎてみのりロードという広域農道へ入った。やはり広域農道の走りは楽しい。長門市街地を一気にパスして三隅ICから無料開放中の山陰道で萩市のはずれまでワープした。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

IMG_7479 角島大橋付近ではあまりお腹がすいていなかった。橋を見ながらの絶好のロケーションで食事ができそうなレストランがあったが、パスせざるを得なかった。この時間になるとさすがに空腹を覚えてきた。

IMG_7482 道の駅萩しーまーとは、充実度が極めて高い。道の駅はその充実度は千差万別である。ここは海産物が豊富に売られていて、食堂も揃っており、間違いなくトップレベルの充実度である。ここでにぎり寿司のランチを食べた。

IMG_7481 走りをとるならここから内陸へ入るが、今回は帰り道のついでにちょっと遊ぶというコンセプト(なにそれ?)なので、そのまま海岸線を走ってみることにした。ツーリングマップル(ただし2008年版で古い)では推奨道路になっていたが、一般的な海岸線の道路であまりピンと来なかった。曇天だったのも拍車をかけたのだろう。

IMG_7483 このまま走ると益田市街地に突入するので、江崎からK17で内陸へ入った。K14にスイッチし、市街地へ近づく手前で西石見グリーンラインを走った。やはり交通量僅少の良道で、市街地をカットしつつR191に戻ることができた。益田でそれまで内陸を走っていたR9が海沿いなり、R191と攻守交代となる。

IMG_7484 さすがにR9を走るのでは面白くないので、R191で東に進路を取った。山の中に入ると、白ラインで交通量がぐっと減ったので、マイペースで距離を稼げた。車を操るという面白みには欠けるかも知れないが、走りやすく快適である。南に向かうR191と別れ、大朝鹿野林道に左折。舗装2車線の立派な道で、終わりかけの紅葉が見事であった。K11に入っても快走路は続く。相変わらず交通量はない。

IMG_7486 K11の行き先が才乙という聞き慣れない地名になっていた。地図によると、途中の集落の名前のようだ。二桁県道なのになぜそんなマイナーな地名をと訝った。走ってみると、なるほど、才乙から先の峠区間はリアル1車線の険道だった。一応、気を使った行き先表示だったのかと納得。

IMG_7487 K5に突き当り、K327を経由してK7へ。この間、数台の車はいたが、何の問題もなくパスでき、走りたい放題である。R261を北上し、川本でK40へ。K40は川本付近は狭いが、その先はかなりの快走路で気分良く走れる。ナビの指示は無視し続け、K40でそのまま三瓶山方面へ。ここもぐるり一周する価値がありそうだったが、時間の関係もあるし、薄暗くなってきたため本来の良さは堪能できないと思われた。今回は南の端を僅かにかすめて通過するだけにした。

IMG_7488 R184に出て北上、K39を経由して出雲市の南側をバイパスするような農道で市の中心部近くにある宿まで走った。やはり山陰は人口が少なく、道路も空いていて気分よく走れるなとつくづく思った。

本日の走行:512 km、燃費:12.1 km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント