09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

ワイパー交換

2016年 01月03日 13:49 (日)

IMG_7582 TTRSはSLKと違って、マニアックなオーナーが多いと思われる。これは車の性格からして当然かもしれない。したがって、私レベルのDIY記などを書いたところで誰の役にも立たないことは明白である。なので、あくまで備忘録


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 納車から1年経過し、拭き取りも鈍くなってきたため、ワイパーブレード交換のタイミングである。調べてみると、ガラコから8JTTに対応する商品が出ていた。運転席側がPY-11、助手席側がPY-10で、一度このブレードにすれば次回からはゴムだけでも交換可能である。純正品で対応ということも考えたが、これはゴムのみの交換ができないため高くつくし、ガラスを撥水加工する私はそれ用を謳っているガラコの方が好ましいだろう(別に純正品でもビビリはなかった)。

IMG_7586 そんなわけでガラコのブレードに決定。通販ではなく近所のイエローハットでも購入可能であるのがお手軽だ。運良く割引セールをやっていたため、左右で6335円と通販にひけを取らない価格で入手できた。様々な車種に対応できるよう、6種類のアタッチメントが付属されていた。使うのは1種類(PT-3)だけなので、他の5個は使われることなくゴミ箱行きというのがちょっともったいない。

IMG_7587 交換するにはワイパーアームを立てる必要がある。TTのアームはボンネットの下に潜り込んでいるため、通常の停止位置ではそれができない。確か設定でサービスモードにできたはずだったが面倒だ。ワイパースイッチを使用時の位置にして、アームが動いたところでイグニッションを切るも元の位置に戻ってしまう(もちろん、ガラスは濡らしておいた)。そこで、今度は1回モードで同じことをやると、うまい具合にアームが動いた状態で停止。これでアームを立てることができた。

IMG_7588 純正ブレードは両側にある爪を押すだけで簡単に外れた。さすが純正、作業性はすこぶる良い。それに比べるとガラコのは汎用品だけに少しだけ面倒。6種類のアタッチメントのうちPT-3をアームに取り付ける。一度取り付ければ次にブレードの交換が必要となるまでこのままで良いはず。取り付けたアタッチメントにブレードをはめ込めば交換終了。

 

 最初に交換した運転席側は構造を確認しながらやったため、アーム-アタッチメント間、アタッチメント-ブレード間ともに少々時間がかかった。でもそれを踏まえてやった助手席側はすぐに交換完了。でも、1年後はすっかり忘れてリセットされているだろう(笑。

スポンサーサイト

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント