09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

冬タイヤへ

2016年 01月02日 22:05 (土)

IMG_7624 暖冬とはいえ、いつ雪が降ってもおかしくはない。我が家の車もスタッドレスタイヤに履き替えた。一度に3台やるのは難儀なので、先行してCX-5とライフをやり、翌週末に残ったTTRSを交換した。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 今回のために購入したのは、電動インパクトレンチ、輸入車用ガイドバー、薄型のソケットレンチそしてトルクレンチ。前回クソ重いTTRSのタイヤをボルトで固定するのに非常に苦労したため、ガイドバーは必須と思った。また、これまで隣家からコンプレッサーを借りてエアインパクトを使っていたのだが、思い立ったら交換というわけにはいかないため、手軽な電動タイプを購入した。

IMG_7626 薄型ソケットはレイズホイールがCX-5と合わせて2セットになったため、アダプターではなく、この際、ちゃんとしたものを入手することにした。171921mmの3本セットで、それぞれ、TTRS、ライフ、CX-5に対応するので全く無駄なし。トルクレンチは今まで手の感覚でやっており、それで問題なしとしていた。しかし、前週にCX-5の交換をした際、ナットをちゃんと締めないというミスをしたので、もう感覚に頼るのはよそうと購入した。全部入れても、15000円強で揃えることができた。2シーズンもDIYでやれば元が取れるだろう。

 

 本当はジャッキアダプターもあったほうが良いのだが、なくてもちゃんと上がることが確認できているので、これはパスした。でも、ミスってサイドスカートを破壊→後悔・・・なんてことにならないよう、買っておくべきかも。

 

 インパクトレンチはストレート製の7000円ほどもの。少々不安は残ったが、口コミの評判はそこそこだったのでこれにした。パワー的には問題なく、ちゃんとボルトは緩んだ。ただし、回転の中心がずれているみたいで、キレイに回らなかった。使用に支障はないけど、そこは値段なりということか。

IMG_7627 タイヤは簡単に外れたが、ハブリングが車両側に残ってしまった。アルミ製なので、完全に固着ということはなく、マイナスドライバーで抉ると、それほど苦労せずに外すことができた。でもこれ、完全に固着したら大変だろう。数年つけっばなしだと危ないかもしれない。

 

 ガイドバーの威力は凄まじく、あれほど苦労したタイヤを一人で簡単に装着することができた。ガイドバーがない3箇所をボルトで止めたらバーを外すが、軽く手で締めたのに、手では緩まない場合があった。そのためのがバーの頭にあいており、そこに細い棒を入れれば回すことができる。今回は適当な六角レンチを使用した。

 

 最後にトルクレンチでキチンと締めて終了。一人でのんびりやったので1時間近くかかったものの、疲労度は限りなくゼロ。来春以降も安泰だろう。その、強力なガイドバー、ふとTTRSの車載工具を見ると似たような形状のものが(オレンジ枠)・・・。もしかして標準で付属しているのか。長短の二本組で作業性は上だろうから、よしとしよう。

スポンサーサイト

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント