05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

エクストレイルハイブリッド試乗

2016年 01月16日 13:02 (土)

IMG_7630 ここのところPHVに立て続けに試乗している。今回はプラグインではないが、ハイブリッドのSUVであるエクストレイルに乗ってみた。よくよく考えれば、プラグインではないとよっぽどの事がなければCX-5からの代替には成り得ない。まあ、ここは勢いだ(笑。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 この車が出た時、目玉と思えたディーゼルはモデルチェンジされなかったので、魅力を感じなかった。が、デザインが受けたのか、巷でよく見るから売れているのだろう。そこで、ハイブリッドで武装してきたわけだ。

IMG_7629 デザインは確かにそれほど悪くないし、ボディサイズも何とか許容範囲。動力システムは単なる?ハイブリッドなので、EVメインで走ることはない。どちらかと言えば、モーターはエンジンの出力を補助する立場である。そういった意味では、冒頭に書いたとおり、あえてCX-5から乗り換えるモチベーションにはならない。

IMG_7631 試乗コースは決まっていたが、お好みでどうぞとのことだったので、走り慣れた道を選択させてもらった。モーターのアシストがあっても力強さではCX-5に軍配が上がる。ただし、静粛性はかなりエクストレイルが良い。足回りはしっかりしていてCX-5と肩を並べる。アウトランダーの足回りがちょっとダメだったのとは対照的。その他も大きな不満はなく、車としてのパフォーマンスはかなり高かった。

IMG_7632 その分価格も高く、ハイブリッドとはいえ、乗り出しで350万を軽くオーバー。日産お得意のアラウンドビューモニターを付けようとすると、バカ高いメーカーオプションのナビシステムが必要となる。本気で交渉すれば、もう少し安くなるだろうが、もはやエクストレイルは上級車種に移行してしまった。

 

 日産は技術屋の会社らしく、ユーザーの負担するコストを冷静に計算し、ハイブリッドにはあまり熱心ではなかった。その点、トヨタは消費者心理をうまく利用して、ハイブリッドを売りまくった。車の場合、多くの消費者はイニシャルコストよりランニングコストを重視し、トータルでペイするかどうかはあまり考えないということだ。

 

 アウトランダーのシステムとエクストレイルの足回りが合わさったら、もしかして代替もあっただろう。なかなか帯に短し襷に長しだ。結局、一連の試乗によってCX-5のできの良さを再確認することになった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント