09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

アウトランダーPHEVで氷見へ (1)

2016年 01月08日 23:01 (金)

IMG_7600 アウトランダーPHEVがマイナーチェンジされ、内外装ともにかなり質感がアップされたようだ。メーカーもこれの販売に力を入れているのか、1泊2日の試乗キャンペーンを張っていた。ものは試しと申し込んでみたら試乗できるとのこと。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 昨年12月のある週末、朝一番でCX-5でディーラーへ。一通りのレクチャーを受け、さらには営業のY氏の運転で慣熟?走行。その後キーを渡され、いざ出発。CX-5は身代わりにディーラーにて留守番で、査定の洗礼を受けることになっている。

IMG_7606 PHVは既にゴルフとA3に試乗しているため、それらと現有車であるCX-5との比較を中心に書こうと思う。ただ、条件もかなり違うため、あまりガチの試乗記ではなく、むしろ富山へのドライブ記としての方がウエイトが大きい。

IMG_7608 富山へは関越道~R353~R253~R8~北陸道という、いつもの慣れた道である。CX-5でも何度も走っているから比較しやすい。ガソリンも電気もフルの状態で高速に。高速への合流はアクセル全開。100km/h近くまでフル加速させると、ちょっとエンジンは苦しい音を出した。一般道レベルであれば、ウルトラスムースなのだが、高速だと少々力不足かもしれない。

IMG_7607 渋川から新潟県境までは基本上り。そこをある程度の速度で走るわけだから、フル充電されていた電池はすぐにすっからかんになってしまった。こういう状況では今のEVは今ひとつだ。エンジンの音がややガサツであることも今ひとつ感に拍車をかける。ゴルフやA3がエンジン主体で走ってもかなり良いのと対照的だ。高速道路に関してはディーゼルのCX-5に軍配が上がる(ゴルフ、A3は走っていない)。

IMG_7606 湯沢ICで高速を降り、R353のワインディングに入る。重心がやや高いアウトランダーはロールが大きい。加えて、電池が空の状態では加速が今ひとつで、追い越しは少々きつい。足が締まってトルクの太いCX-5の方が、ワインディングも走りやすいし、追い越しも楽である。

スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント