タイトル画像

アウトランダーPHEVで氷見へ (3)

2016.01.11(17:28) 2290

IMG_7618  翌日はドライブには出かけず、家人の使用方法に近い市街地の短距離走行をしてみた。やはり電気自動車の強みで、この使い方では全く不満が出なかった。あれだけエンジンでの走行をしていた昨日とは打って変わり、市街地レベルのアクセル開度ではついぞエンジンの直接アシストはかからなかった。エンジンの直接アシストだと、かなりエンジン音が気になる。ゴルフやA3はこの辺が上手で、エンジン走行もその気にさせるが、アウトランダーはそうではない。できるだけエンジンのアシストは避けたい。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 総じてアウトランダーは市街地短距離走行そして自宅で充電という使い方が良い。とくに高速を使った長距離走だとその良さがあまり出ないばかりか、むしろ弱点として認識してしまった。もっとも我が家の使い方ではちょうどガソリンを燃焼させるタイミングで長距離走行をする感じなので、ぴったりかも知れない。デフロックまで備え、4WDとしての能力も高そうで、立派な車格なのにちょっともったいない気がする。

IMG_7616 精緻なセンターディスプレイ等々、ギミック的な仕掛けが多数あって富山往復程度では面白おかしく運転できた。しかしそれはすぐに慣れてしまうだろうし、そうなるとクルマそれ自体に運転する楽しみが重要である。しかし残念ながら、それを見出すことはできなかった。もっとも家人のような必要最低限の運転しかしたくない人には関係ないだろう。

IMG_7614 足回りもCX-5と比較するとイマイチである。ロールが大きく車の挙動が安定せず、助手席の家人は車酔い気味になってしまった。燃費を数値化するにあたって不利なSUVでこうした車を作った心意気はアッパレであり、上記弱点があっても買って損はないと思えた(我が家の使用方法にマッチしているから)。しかし、まだまだ好調のCX-5を手放してまで買うかと言われると、首を横に振らざるをえない。

IMG_7617 以上の点を営業担当に伝え、試乗は終了。高速とワインディングでの弱点がなかったらもしかして・・・という惜しい車だった。担当のY氏にはお手数をおかけした。感謝したい。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<サービスキャンペーン | ホームへ | アウトランダーPHEVで氷見へ (2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2290-2ab898d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)