09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

新潟会津ツーリング (1)

2016年 02月14日 10:45 (日)

IMG_7695  那須で所属する某団体の支部総会が行われるとの連絡をもらい、参加することにした。日曜日の午後なので、当日の朝から会場へ向かえば十分に間に合う。しかしそれではあまり面白くないし、TTRS+スタッドレスで雪道を走ってもみたい。前日どこかに宿泊してから那須入りすることにした。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 せっかくなので温泉にゆっくりと入りたい。雪を見ながらならなお良い。そんなことを考えながら宿を探した。茨城(雪はなさそうだ)、福島、新潟が候補である。一人旅での温泉旅館への宿泊はまだまだ一般的とは言えない。あまりパッとした温泉(雪も)のない茨城は早々に脱落。会津周辺を中心に探した結果、今回は新潟県阿賀町にある三川温泉にした。

IMG_7696 東山温泉と最後まで迷ったが、ツーリングルートを組み立て易いこと、どちらかと言えば温泉街ではなく、山の中の宿の方が今回のイメージにあうという理由である。実際には、三川温泉も一軒宿というわけではないし、それほど山深いわけでもなかったが、比較の問題である。

 

 厳冬期であるため、自由に走り回ることはできないだろうし、不測の事態が起こりやすい。したがって、走り回るよりは雪景色を見ながらのんびり走るということになる。距離もいつもよりはかなり短めである。時間に余裕が有るため、ゆっくりと自宅を出発。関東は青空が覗いていた。赤城ICから関越道に入り、新潟方面へ。12月にはほとんど見られなかった雪も今はそれなりにある。もちろん、路面にはない。

 

 関越トンネルを抜けると雲は増えたものの、わずかだが青空も見える。思っていたよりも天気が良い。スキーやスノボを積んだ車が目立つが、土曜日の朝ということを考えると、絶対数は少ない。昔は沼田ICを頭に渋滞すらしていたのとは隔世の感がある。

IMG_7697 TTRSは快調に走り、小出ICで高速を降りた。道の駅で昼ごはんを物色するもあまりパッとせずに早々に出発。K70~R252を経由してR290へ。これはいつものルートである。さすがに周辺の雪の量は増えてきたが、道路の除雪はほぼ完璧であり、(あくまで結果的には)ノーマルタイヤでも十分に走行可能であった。この除雪は宿まで完璧になされていて、新潟県の除雪には頭が下がる思いである。

IMG_7700 石峠を越え栃尾へ。道の駅R290とちおは今までに立ち寄ったことがない。栃尾揚げが食べられるかなと思い、ここにも立ち寄った。小さな食堂があり、ニーズにピッタリの栃尾揚げ定食(¥700)があったので迷わず注文した。味噌汁ではなく、ラーメンのスープがついていてちょっと?だったが、まあいいか。まずくはなかったが、ややコスパは悪いかな。

IMG_7699 R290に復帰し、K9に右折。ここも走り慣れた道ではある。オールクリアというわけではなく、交通量は少なく快適である。今回はゆっくり走ることにしているので、先行車がいてもそれほど気にならない。K9の小さな峠にも路面に支障となるほどの雪はなくあっさりと通過。再びR290と合流した。

 

 このままR290を走れば目的地まで楽々到着だろう。積雪時期だし、通常はそうすべき。しかしそれでは面白くないため、K226へ右折した。ここもよく通る道であり、狭い山道が一部ある。冬季閉鎖なら仕方なしと思ったが、その表示はない。さすがに轍ができていたが、路面は露出していてスリップの恐れは少なかった。峠部分は人家もないので冬季閉鎖してもよさそうだが、ちゃんと通り抜け可能になっていた。

IMG_7702 この先、R290に復帰すると、街の中で複雑に折れ曲がり走りにくい。ここをショートカットする道を探していたのだが、今回逆方向から来たためか、丁度良い道を発見した。ここまでの除雪状況をみると、平地においてはほぼ完全にアスファルトが見える状態なので、地図に記載されている道なら間違いなく通れるだろう。

 

 小学校と郵便局の間を右折したその道は、道幅も広く完全に市街地をカットする快適なものであった。そのままみちなりに進み、セーブオンの近くでR290に出た。北(東)から来る場合にはこのセーブオンが目印になるだろう。

IMG_7701 このセーブオンはレギュラーコーヒーを売っていたので、コーヒーブレイクにした。豆を2種類から選べたので、ブレンドではなくストレートにしてみた。が、酸味が強くて私の好みではなかった。次はブレンドにしよう。

 

 馬下橋で阿賀野川を渡り、R49へ。ここまでくると三川温泉はすぐそこである。道路にもっと雪があるのかと覚悟していたのだが、ちょっと拍子抜けであった。宿はホテルみかわ。昭和の時代に流行ったホテルの佇まいだが、今は宿泊可能な日帰り温泉施設のような感じであった。ただここはシングルルームを備えていて、一人旅にも対応している点がありがたい。部屋は適度な狭さ?でなかなか快適であった。食事も価格からして頑張っていると思った。

 



 ただし、肝心の温泉が私には熱すぎてまともに入ることができなかった。露天風呂だと何とか入れる温度だったが、ちょっと残念だった。しかしながら、外の雪を眺めながらの露天風呂は今回の旅の目的を叶えるものであった。

スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント