07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

純正ナビの長所、短所

2016年 05月15日 21:07 (日)

20160240 今更だが、TTRSの純正ナビはクラリオン製のもの。TTはアウディの中で最後まで2DINタイプを使っていたため、その気になれば社外品に交換することが可能である。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 ナビは車の本質(走り)とは関係ないからそれほど拘らないという意見もあるが、この手の機械が好きな私はまるっきり無視することはできない。購入時には古い地図だったナビは車検時にアップデートされた。それでも、すでにもう1年経過して古くなってしまったが、まあまあ使える地図になった。

 

 だから、購入当初はすぐにでも別のナビに入れ替えるかと意気込んでいたけど、すっかりトーンダウンしてしまった今、改めてこのナビ(AVも含む)を評価してみる(といっても、単なる感想)。

 

20160241

 

悪い点

  • A) 高速(有料)道路の使い方は全く融通が効かない。費用対効果なんて高等技はもちろん、高速と一般道を織り交ぜて最短距離なんて検索も不可。これは正直、話にならないレベル。
  • B) 画面が光って見にくい。太陽の角度次第だが、それにしても見えなくなるシーンが多い気がする。→画面の角度調整でかなり改善。
  • C) 地図の道路表示色。これは個人的なものだが、ツーリングマップルをはじめとして、多くの紙の地図では国道が赤主要地方道が緑その他県道が黄と決まっている。すっかりこれに慣れてしまった私は他の配色だと瞬時に道路の識別ができない。しかもコントラストが今ひとつだし、いったい何を考えてデザインしたのか理解に苦しむ。
  • D) 渋滞回避はほぼ無理。通信もできないし、VICSのオプションも付けていないので、当たり前といえばその通り。(面倒で自分ではやっていないが)スマホ併用で乗りきれるか。
  • E) 画面スクロールは鈍い。これは、ハードが古いナビだからやむを得ない。さすがに最新のものと比較するのは気の毒。
  • F) オーディオの音質が悪い。SLKのハーマン・カードンから乗り換えたからかも。とくに高音域は硬くて癇に障ることが多い。→調整可能なのだろうか?

 

良い点

A) ルート案内が親切。いわゆる「青看板」がきっちりと表示される。パイオニアは表示されてもすぐに消えてしまうので、見逃すことが多い。

 

B) 縮尺やオーディオ切り替え等、よく使用すると思われるスイッチは別にハードスイッチが用意されている。単純に使いやすい。もっとも最近ではステアリングスイッチだろうから、威張れたものではない。

 

C) 音声案内も親切。例えば「セブンイレブンのある交差点を左折」とランドマークまで案内してくれる場合がある。これは意外に助かるケースが多い。

 

D) HDDで音楽は(実質)いくらでも入る。さすがに現在主流となっているUSB接続などは難しいが、Blue toothで携帯電話と繋がりハンズフリーで電話も可能。

20160242 ざっとこんな感じか。全体として音質以外はSLKを大きく凌駕していることは確か。そう考えると、ダメだと思っていたTTRS純正ナビもまあ使えるなという結論に達した。納車時には絶対入れ換えようと思っていた純正ナビだが、多額の費用をかけてまで買い換える必要は今のところなさそうである。

 

 ただし、悪い点のC)項は私にとってはかなりのマイナスポイントなので、それに我慢できなくなるか、地図更新がままならない状況になった時が買い替えのタイミングだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント