タイトル画像

2016能登ツーリング (3)

2016.06.05(22:10) 2352

20160485 道の駅からK75で北西に向かった。家族旅行村までは快速路だったが、そこから先は1.5車線だった。1.5車線は何とも無いのだが、カーブミラーが少ないのには参った。おかげで最徐行せざるを得ないシーンが多く神経を使った。そんな道を暫く走ると、宝達山のレストハウスが出てきた。新しく整備したようで、駐車場も無駄にと思えるほど広く、いきなり別世界のようだった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20160491 こんな道でも観光客は来るもので、数台の車が止まっていた。ここから見える景色は広々として素晴らしい。まで楽に見えるはずだが、この日は視程が今一つで、海をはっきり認識することはできなかった。

20160489 さっきより若干広い道を下り、羽咋広域農道へ入った。そう、海沿いは何度か走っているので、今回は内陸部の農道を攻めてみることにしたのだ。この試みは成功したようで、これぞ農道という交通量僅少の道が続いていた。一部生活道路になっていたが、志賀町でR249に当たるまで、マイペースで走ることができた。

20160495 しばらく国道をチンタラと走っていたが、これは想定内。K48との交差点の少し先に再び農道の入り口があり、これを右折。この道は走りやすいのにほとんど車が走っていないという貴重な道。間違いなく国道を走るより気分がよく、それに加え時間的にも早い気がした。

20160496 激走を重ねた農道はK50に吸収される形でなくなった。そのK50、西行きは普通の道だろうが、東行きはついに来ました極狭路。所々に設けてある退避所以外は離合不可、0.8車線しかないんじゃ?と突っ込みたくなる険道だった。幸いにも対向車には出会わなかった。ふーよかった。

20160498 K222を経由して最後の区間に入る。農道群のフィナーレにふさわしく、ここも気持ちいいの一言。景色も良く素晴らしい。いやーよく走った。R249に突き当たりって右折。気分良く走って喉が渇いた。

20160500 おあつらえ向きにサークルKがあった。最近はコンビニのブランドを問わずドリップコーヒーが飲めるのがありがたい。カフェラテ180円はローソンやセーブオン(この2店は美味しいと思う)より高い。しかし、味は今ひとつだった。サークルKのカフェラテはもう買わない(笑。

20160504


スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<2016能登ツーリング (4) | ホームへ | 2016能登ツーリング (2)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2352-e4b3517e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)