09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2016能登ツーリング (8)

2016年 06月11日 21:38 (土)

20160574  青海町まで下り、糸魚川ICから高速でワープ。R8はかなり空いていそうだったが、その先には人気の道の駅が控えているのでこちらで正解だろう。最後にもう一つイベントを残しているし。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 上越ICで高速を降り、K13で東に進んだ。広々としていて気持ちが良い。セーブオンがあったのでカフェラテで一息入れた(やっぱり、サークルKやファミマよりおいしい)。その先で燃料も補給。人間もTTRSもこのツーリング最後の走りに備えた。

20160572 K13は安塚でR403に突き当たる。その先で合流・分岐するR405が最後のステージである。ここから津南までの区間は酷道と言われているがどうなのだろう。確かに広くはないが明るく走りやすい。これは酷道までとは言えないというのが私の結論。

20160575 既に田植えを終えた棚田は静かに稲の成長を見守っていた。それにしても誰も通らない。たっぷり5分以上は撮影していたのにただの1台も通行する車はなかった。その先の県道交差点手前には青看板があり、そこには冬季通行止の表示が残っていた。事前情報ではR405の冬季閉鎖はなかったはずなのだが・・・。これを迂回するのはかなり気が進まない。周りの山の上を見ても雪など全くない。

20160578 どう考えてもこの状況なら雪は自然消滅して通れるだろう。ダメなら引き返せばいいし、と看板を無視してR405のトレースを続けた。暫く行くとさらに道が細くなり、何やら立て看板が。どうやらこの先が冬季通行止めになるらしい。しかし看板の内容を見ると、大雨時の通行止めの表示だった。つまり逆に考えれば、雪による通行止めはないということだろう。果たして全く雪はなく、もちろん通行止めもなかった。

20160579交通量ほぼ皆無の気持ちの良い道を走り、最後は七曲りと名前が付いている連続ヘアピンを下りR117へ。国道自体は分断区間を挟んで群馬県内まで続いているが、トレースはここで終了。湯沢ICまでもう一山越え、高速にて帰着。新潟県のこの辺りは面白そうな道の宝庫である。次は同じような酷道と言われているR403を走ってみたい。今回は天候にも恵まれ、美味しいものも食べられて、非常に満足度の高いツーリングになった。

本日の走行:449 km、燃費:11.9 km/L


スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント