タイトル画像

MINERVAインプレッション

2016.06.19(21:36) 2361

20160658 能登ツーリングはタイヤの皮むきのつもりだったが、1000 km以上走ってしまった(場所からして当然だが)。皮むきどころか、もう数分の1は摩耗させてしまったかもしれない(汗。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 タイヤの性格はスポーツよりコンフォートに振ってあるようだ(しかもよく見るとM+Sとある)。そう言った意味ではゴリゴリと走るようなタイヤではないから、TTRSに履かせるにはやややや荷が重いか。しかし、ドライバーを考えればこれでも必要充分であると思われる。

20160656 能登ツーリングをはじめとして、高速道路、ワインディングとドライ路面に関しては一通り走った。高速道路に関しては常識的なスピードレンジであればもちろん何の問題もない。しかし、ワインディングになると若干能力不足を露呈した。タイヤが鳴くタイミングがやや早い。というか、新品の状態で鳴くタイヤは久々であった。コーナーリングが速くなっているわけでもなし、やはりそういう性格のタイヤなのであろう。

20160654 ブレーキングや乗り心地に関しては特筆すべき点はなく、可もなく不可もなくといったところだ。このように書くと今ひとつなタイヤのように聞こえるかもしれない。しかし、タイヤの性格(グレード)はコンフォート寄りのスタンダードタイヤだ。そのうえ激安な価格を考えれば、妥当な製品であると思う。

 

 ウエット性能とライフに関してはまだ評価できないが(ライフは短い予感がする)、ごく通常の使い方であれば、コスパの良い(何しろ激安)タイヤと結論付けても良いだろう。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<天空ドライブ (1) | ホームへ | 早川港で朝ごはん>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2361-1584e403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)