タイトル画像

天空ドライブ (2)

2016.06.27(21:21) 2363

20160678 そのままメインルート?をR117まで下った。信濃白鳥駅手前から脇道に入り、R403にアタック。分岐点にある青看板の国道番号の大きさに差があるのは、小さい方が酷道を意味しているのだろう。長野県側は狭いが酷道とまでは感じなかった。グングンと標高を上げて伏野峠へ。冬季通行止めの立て看板が脇にどかされていた。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20160679 峠のすぐ先、新潟側にはこの場所としては不釣り合いに広い駐車場があった。眺めは素晴らしく、休憩等には向いている場所ではあるが、いかんせん(一般の人には)アクセスが悪すぎるだろう。

20160680 さらにその先では自転車の一団が路上にて大々的に休憩していた。車ならこの駐車場を利用しろと言いたいところだが、自転車だとそこまで上がるのはちょっときついかもしれない。

20160681 新潟側は比較的道もよく、キューピッドバレイスキー場を過ぎてからは、快走路に変身した。おそらく、今回走った区間がR403の最難所であろう。だとすると、R403は酷道じゃないと結論付けることができそうだ。安塚からはR405にスイッチして西に走った。

20160684 長野側へ戻るのにどのルートにしようか考えた結果、以前快走できたことからR292を選択した。一部少しだけ狭い場所があるものの、相変わらずの快走路で、一気に飯山市街地まで到達した。

20160692 山中の通行止めの影響で思ったより時間を食ってしまった。そろそろお昼にしよう。木島平は蕎麦処なので、それを食べようかとフラフラと走っていたら道の駅が目に入った。新しい(オープン後約1年らしい)施設っぽいので立ち寄ってみた。

2016069120160685

 道の駅らしからぬおしゃれな雰囲気。キャパが小さいので道の駅には不向に思え、どういうコンセプトで作ったのだろう。覗いてみるとレストランはほとんどお客がいなかった。が、その後続々と来店し、私が帰る頃には満席近くなった。ネット上ではあまり評判が良くないようだが、それは都会人目線での評価だろう。田舎の人は、こうしたオシャレな感じの店が少ないから、あるだけでありがたいのだ。

20160687 ここのウリは惣菜バーで、地元(と思われる)野菜を使った惣菜が食べ放題で250円である。来店したほとんどのお客さんがオーダーしていた。八丈島と木島平村が姉妹都市提携しているらしく、そこで取れた食材を使った魚料理を提供していたので迷わずオーダーした。

20160686

 目鯛の煮付けがメインだったが、身が固くて今一つだった。目鯛は焼いた方がいいんじゃないかなぁ。洋食がメインだったようだから、和食系等は不得手なのかもしれない。とはいえ、再訪を妨げるレベルではなく、タイミングが合えばまた行ってもいいかな。カフェの方は、別の場所でと考えていたので今回はパス。

20160690

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<天空ドライブ (3) | ホームへ | 天空ドライブ (1)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2363-0e08d405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)