タイトル画像

魚沼ドライブ (3)

2016.08.04(20:58) 2380

20160815 K58~59~388を経由してR252へ。これは快走路だった。交通量も少なく、前走車も安全にPASSすることができた。この辺りはあまり馴染みのない地域だったが、どうしてどうして、ドライビングパラダイスは至る所にある。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20160820 上越新幹線の下をくぐり、すぐ先を左折して広域農道に入った。新潟といえばまずは米だが畑も多い。農道は丘陵地を通っており、水の関係だろう、その周辺はほとんどが畑である。丘を下って魚野川を渡り、堀之内PA/スマートICの下を通って、再び農道で標高を稼いだ。

20160821 ミニバンを1台PASSしたら、もう走りたい放題。勾配とコーナーの組み合わせがちょっとジェットコースターっぽい。途中に四阿があったが、閉鎖されていた。大雨か何かで崩れる恐れがあるのだろうか。

20160825 その先に進むと、幾つかのブログでも紹介されていた直線道路が現れた。風景がちょっと北海道っぽいが、スケールはかなり違う。ミニチュア北海道と言ったところだろうか。スケールが小さいとはいえ、畑、牧草地、直線道路の組み合わせはやはり私の琴線に触れる。

20160828 ひとしきり「ミニ北海道」を堪能し、R291へ。旧山古志村への中山隧道(トンネルではない)は手堀で日本一の長さを誇り、土木遺産にも指定されている。トンネルの方をくぐると出口すぐに隧道見学用と思われる駐車スペースがあった。先客はバイク1台とカップルのチェイサー(懐かしい)だけ。まあ、観光地とは言えないのでそんなもんだろう。

20160831 隧道は自動車の通行は無理だろという細さ。これが1998年に現トンネルが開通するまで現役の国道だったとは。本来なら閉鎖されるところだろうが、地元の熱意でそれを免れ、土木遺産として保存されることになった。

20160834 徒歩では数十メートルではあるが、入ることができるようになっていた。壁面に掲示されていた解説を読んでも当時の苦労は想像できない。解説が悪いのではなく、想像を絶するということだ。

2016083520160837

 トンネルの先は若干細いが、酷道と呼ぶようなものではなかった。程なくするとK23との分岐となり、これを左折した。小さなループを描くルートであり、一周して堀之内PA/ICに戻った。このK23もなかなか楽しい道で、このループは非常に満足度の高いルートであった。

20160841 十分に満足できたのでそのまま高速に乗ることにした。適度なスピードにオートクルーズをセットして、超燃費走行で帰った。往復も含めて渋滞の心配を全くせずに走れる魚沼エリア、私の中で注目度急上昇である。

20160842


スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<御荷鉾林道探索 (1) | ホームへ | 魚沼ドライブ (2)>>
コメント
こんにちは。

いやいや、これまたとんでもない広域農道があるのですね。
先日のドライブでは魚沼スカイラインだけ走って、このエリアを通過してしまったのが悔やまれます。
自宅からそこそこ距離があるので、行くのにちょっと気合が要りますが、近いうちに再訪したい気持ちになりました(笑)
【2016/08/06 10:16】 | Sho-z #- | [edit]
今回のレポ、旅情をそそられます。
夏のツーリングに行くか迷っていましたが、ググッと行きたい指数が跳ね上がりました!(笑)
【2016/08/06 13:07】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
こんばんは。

新潟でプチとは言え、北海道を楽しめるとは予想外の喜びでした。
そうでなくても交通量が少なく、気分良く走れます。
今度は是非、走ってみてください。
【2016/08/08 19:22】 | ていしあ #- | [edit]
いやぁ、そう言ってもらえるとアップしたかいがあります。
暑いですけど、やっぱり夏休みはツーリングでしょう!
【2016/08/08 19:25】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2380-0e762533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)