03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

御荷鉾林道探索 (4)

2016年 08月15日 21:19 (月)

20160871 ここから大仁田ダムまでの間がこの林道の最凶区間だった。とにかく狭い部分が多く、路肩から伸びた草は両側からCX-5を撫でまくった。途中、自転車を押して歩いている二人組とすれ違った。この時点で自転車を降りていたということは、舗装路まで相当の距離を歩くことになるような・・・・。だとすればかなり大変だ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20160872 大仁田ダムからは舗装路になり、まっすぐに南牧村役場まで下った。西への分岐路もあったが、こちらは完全に通行止めになっていたので素直に県道へ下った。下ったところはK93で、県道沿いに少し東進すると古民家カフェがあった。

20160882 「ちょっとしたカフェ」という変わった名前であった。一旦は通りすぎてしまったのだが、やはり気になる。やらない後悔よりやった後悔が基本的な考え方なので、戻ることにした。

20160874 既に14時で、食べそこねていたお昼ご飯はほぼ諦めていた。しかし、運の良いことにギリギリで食事が提供できるという。南牧村の野菜を用いたランチが美味しそうだった。完全なるベジタリアンメニューで、物足らない人もいるだろうけど、私は非常に気に入った。

20160877 少なくとも県内では高齢化率ナンバーワンの南牧村が、若い人を呼びこもうという事業の一環でやっているお店らしい。従来の住民と新住民の交流の場としての機能も期待されているようだが、効果の程はどうなんだろう。

20160875 扇風機こそ回っていたけど、エアコンはない。それでも十分に過ごしやすかった。もう少し気温が上がるとどうだかわからないけど、非常に快適なお店だった。ここと、先ほどの展望台を組み合わせると、スローライフそのものを堪能できそうだ。

20160881 お店を出て県道を下仁田方面へ。K193が整備されたので、高速道路へ向かう通過車両は町中を通らず全てこちらを走る。突き当りを左折してR254へ向かう車がほとんどであるが、私はそのままK193を走る。地元民しか走らないと思われるこの県道は少々狭いが、快適そのものである。

20160885 K192との交差点を右折し、さらに山の中へ。県道として地図上では繋がっていないが、通り抜けは可能なようだ。しかし、道幅はCX-5で走ると本当にギリギリ。やはりこの車幅だけは(私にとって)CX-5の弱点だ。地図上では途切れていたK192であるが、明らかに途切れている区間にヘキサゴンが設置されていたから、全区間県道として指定されたのかもしれない。しかし、そんなものは行政上の問題に過ぎず、あの狭さは県道だろうが林道だろうが関係ない。

20160886

 K46~K204といったマイナーな県道を走ると、ほとんどマイペースを乱されることなく高崎駅前まで走ることができた。今回はTTRSでは走り得ないコースで新鮮なツーリングとなった。雪道はTTRSでも走れるようになたので、出番が減ったCX-5であるが、ダートではまだまだその存在が光る。


スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年08月17日 00:21

なんかホッとさせるランチですね。
林道は集中力を使うので、こういったのもアリだなぁ。

シバタクさん

2016年08月17日 18:59

極めて素朴ですが、ここまで素朴なの逆にあまりないかも(笑。
確かに林道で神経を使うので、まったりできるのはありがたかったです。