05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ボルボV40試乗

2016年 08月29日 21:28 (月)

20160894 ここのところ、仕事で拘束されたり、天候不順だったりで全くと言っていい程TTRSに触れていない。当然ネタもなく、かなり長期間ブログも放置状態になってしまった。久々に新型車に試乗したので、ようやく更新となる。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 仕事場の部下(20代女性)がそろそろ車を買い換えるという。走れば何でも良いというわけではなさそうなタイプだったので、試乗だけでも良いから輸入車に乗ってみろと勧めたところ、その良さに気がついたらしい。中でもボルボがいたく気に入ったようで、絶賛していたので私も気になり、どんなものかと試乗に至った次第である(どうやら、彼女はV40を注文したらしい)。

20160901 ディーラーへ行くと、駐車スペースにはお客の車が1台もなく、飛んで火に入る夏の虫とばかりTTRSを停める頃には営業マンに取り囲まれてしまった。暫く自由に見ようと思っていた目論見は早くも崩れ去った。まあ、じっくり説明を聞きながらでもいいかと気を取り直してV40 Cross Countlyを見せてもらった。V40はエントリーモデルだが、装備は非常に良く(とくに安全装備)、上級クラスとの違いはボディの大きさが主であるようだ。それでも車幅は1.8 mあるから、それ以上大きな上級車種を選ぶ理由がない。

20160903 エンジンはディーゼルとガソリン2種。4WDを選択すると、2Lターボのガソリン車一択となる。ディーゼルの4WDが選べないのが非常に痛い。少考の末、試乗はディーゼルの方をお願いした。展示してあった、ブラウンメタリックとキャメルの内装の個体が非常に気に入った色使いで、のっけからテンションが上がる。

 

 試乗車は2016年モデルであったが、2017年モデルと外観以外はほぼ同じであるという。もはやボルボのアイデンティティーとなったダッシュボードは健在だ。全体的に質感は高く、メーターのデザインが大幅に進化し、今時の車の仲間入りをした。ナビもお利口さんかどうかは別にして、地図は極めて見やすい。この辺りはようやく国産車並みになってきた。

20160895 ディーゼルエンジンは思ったよりもやかましく、明らかにディーゼルであることがわかる。これはCX-5に軍配が上がる。とはいえ、昔のように不快であるレベルとは比較にならず、少なくとも私はこの音を理由にディーゼルを避けるということはない。

 

 市街地を走る限り、走行性能に不満は全く感じなかった。高速道路もこのエンジンから想像するに、流れに乗るかそれよりやや速いペースで走ることは余裕であろう。ワインディングは不明であるが、車の性格からして問題ないと思われる。もちろん常用域からのブレーキングも問題ない。ただし、運転の楽しさと言う面では一歩譲らざるをえないが、運転したいと思わせる何かはある。

20160898 やはり特筆すべきは、てんこ盛りとも言える安全装備であろう。代名詞ともなりつつあるアイサイトに勝るとも劣らない装備で、極端な話、この装備で追突事故をどうやったら起こせるのだろうというレベルに感じた。もっともオーナーになってみれば弱点も見つかるだろうが、試乗レベルではまさに死角なしだと思った。私も家人も加齢が進んでいるから、こうした装備はうっかりミスを防ぐ意味でも非常にありがたい。

 

 現状でのグレード展開ではCX-5の代替になりにくいが、あの安全装備はすばらしく、買い替えの際にはボルボは見逃せなくなってきた。

スポンサーサイト

テーマ : 新車・ニューモデル
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント