09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

2016北海道GT (2) -谷地温泉で湯治-

2016年 09月20日 21:00 (火)

20160939 再びTTRSを北に走らせる。制限速度を遥かに下回るラッシュに前方を塞がれたので、いらがわICから日東道へ。鶴岡、酒田の各市街地も面倒なので、有料区間も合わせて高速のままパスした。終点の酒田みなとでR7へ。この区間は価格も安く、その割に効果も高そうなことが判明したので、今後は積極的に利用しよう。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20160942 高速道路からくっきり見えた鳥海山にシャッターを切ったところで、カメラの電池切れ。むむ、予想以上に消耗が激しかった。R7をチンタラと走っているうちに秋田県入り。名物のババヘラアイスのおばちゃんの姿が見え始め、秋田県の実感が湧く。

20160943 (確か)青森219kmという青看板を何気なく見た。ん?それって平均50km/hで走っても4時間以上かかるじゃない。こりゃ、ちょっと急がないと。というわけで、田沢湖経由でR341を爆走する予定を変更し、高速を使って大館まで一気にワープすることにした。ほとんど車の走っていない日東道、秋田道の有料区間をハイペースの車に引っ張ってもらい、一気に走った。後で思ったのだが、五城目八郎潟ICからR285を使った方が時間短縮には良かったかも。R285でネズミ捕りを目撃したことがあるので、ちょっと避けてしまった。

20160948 大館市街地でコーヒー休憩。15時を過ぎているが、まだまだ暑い。この日、TTRSの温度計は35℃まで上がったから無理もないか。例のカップホルダーとカップが活躍し、コーヒーを飲み干した。ここからK2で一気に十和田湖へ向かう。K2はツーリングマップルで快走路とあり、その看板に偽りはなかった。R7のチンタラ走行で溜まったストレスが一気に雲散霧消した。

20160949 山に入ると夕刻となってきたことと相まって気温がぐんぐん下がりだした。一気に10℃は下がった。しかしながら、寒さを感じるほどではなかった。天気の良いのもここまでで、山の上は霧が出ていたり、場合によっては雨が降っていたりした。今日はほぼ1日晴れだったので、そこまで贅沢は言えない。

20160958 十和田湖畔から奥入瀬渓流に沿って走る。台風10号の影響かどうかわからないが、道路が泥で汚れていたので、かなりまとまった雨がこの辺りにも降ったと思われる。渓流の水も濁り気味であった。十和田市街へ下るR102と別れ、R103を西に向かう。霧がところどころ出ていたり、路面が工事中で悪かったりで、あまり条件が良くなかったが、最後の区間も楽しむことができた。

20160955 本日はR394との交差点近くの谷地温泉で宿泊。東北によくある湯治場のイメージ(というか、湯治場そのもの)が強い宿である。日本三秘湯にもなっているようだ。例年は朝8時のフェリーなので、青森市街地に宿泊するのだが、今年はそれがとれず、11時30分なので朝に余裕がある。それならば温泉でのんびり湯につかるのが良いと思ったのだ。

20160953 温泉の雰囲気とは裏腹に、食事はごく普通のものだった。もちろん文句などない。風呂はさすがというべきで、これが気に入らないという人は宿の選択を間違えている。30分ほど入れとあったが、私にはちょっと無理っぽい。ネットも携帯もできない場所、たまにはいいなと思いつつ早々に眠りについた。

本日の走行:681km、燃費:12.1km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント