05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

2016北海道GT (18) -R333と廃駅-

2016年 10月10日 21:59 (月)

20161251 カレーを食べて出発。R40も飽きてきたが仕方ない。宗谷から南下する道は何本かあるけど、走るには結局のところD120一択っぽい。あとで調べると、D256~D119でもう少し南まで行けそう。その先、D118は途中からダートになるのでそこまでは無理か。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 美深からは名寄美深道路へ。どうせ退屈ならば取り締まりの確率が低そうなこっちの方がましだ。名寄北ICで降りて、広域農道をひたすら南下。士別市街を避けてうまいことD61に接続する。朝日の集落を過ぎると走りたい放題になり、完全マイペースを保ったままD101を経由して一気に愛別へ。本来なら下川からD101を使いたかったところだが、その区間は通行止めだったのだ。

20161255 きょうは午前中いっぱいを道北探索に使ったので、想定内とは言え後半は移動モードにならざるをえない。愛別からは旭川紋別自動車道(R450)に入りそのまま丸瀬布まで、と思ったのだが、前がつかえてきたこともあり、浮島ICでOUT。そこからR333一本勝負である。

 

 R333は始点から丸瀬布まで無料の自動車道であるR450と完全に並行している。そのため、R333を選択するドライバーは稀であり、ましてや、ワインディングの北見峠区間は好き者以外走らないないだろう。結果として交通量皆無であるから、国道といえども山中の道道と同じ扱いと読んだ。果たして、白滝ICまでは全く車を見かけなかった。これは1059さんのレポート通りであった。予想通りと言うか、一部走り屋御用達のルートのようで、峠付近の路面はブラックマークが大量に残っていた。もちろん、ブラックマークを残さない程度に楽しませてもらった。

 

 途中、旧白滝駅跡があった。確か、唯一の定期利用者であった高校生が卒業したので、利用客がいなくなり廃止されたとTVでやっていた。駅の銘板は取り外され、静かに朽ち果てていくのを待っているようだった。

20161256 丸瀬布でR450が合流し、R333は「普通の」国道になった。R242との交差点にあったセブンイレブンでアイスコーヒーを買い、網走方面を目指した。安国集落で探知機が取り締まり地点であることを告げると同時に対向車からのパッシング。先頭だったTTRSを停車するんじゃないかと思えるほどのスピードで走らせていると、怪しげな機械の脇に座る男二人を発見した。レーダーを照射するまでもなかったのか、探知機は反応しなかったが無事クリア。一気に40まで制限速度が落ちるので、違反が多いのだろう。事故防止より実入りが重要のように思えた。

 

 その後は怪しげな雰囲気もなく、ほぼ全線R333を走り、R39を経由してD104へ。ここで現れた激走ライトバンに引っ張られ、あっという間にR238まで来てしまった。D104は人里を走るため、道道といえども取り締まりは厳しそうだ。ライトバンは地元ナンバーだし、水先案内人にはうってつけである。

 

 本日の宿は網走駅から西に徒歩圏内にある民宿ランプ。木賃宿というイメージで、素泊まり3000円でお釣りが来る激安宿である。子供の頃によくあった六畳間の雰囲気をたっぷりと味わって眠りについた。

本日の走行:639km、燃費:14.4km/L

スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年10月13日 23:02

R333のブラックマークは、決して私がつけたものではないです(笑笑

北見峠はすっかり穴場になりましたねぇ。。

1059さん

2016年10月14日 18:40

関東ではいくらでも見られるブラックマークですが、北海道では珍しかったです。
てっきり5往復くらいされたのかな?と思っていました(爆。

国道も場所を選べば安心して楽しめますね。