07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

オイル交換DIY

2016年 12月06日 21:14 (火)

20161582  先日オイル量低下のサインが点灯し、少し補充したが、再び同じサインが点灯。同時に、オイル交換まで残り2000 kmのサインも現れたため、オイル補充ではなく交換することにした。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 交換については上抜きでいけることがわかったので、フィルターなしの交換であればDIYで可能であろう。フィルター交換は以前書いた通り、アンダーカバーの脱着をするので、リフト等の設備がないとかなり面倒だ。

 

 というわけで、SLK時代に購入したオイルチェンジャー(1,2回使ったら箱替えになった)を引っ張り出した。近所での野暮用で数キロTTRSを走らせると同時にオイルを温めた。チューブをゲージの穴から挿入すると、しばらくするとコツンと底に当たった。全部抜けるかは別にして、これ以上無理に挿入することもなかろう。

20161581ピストンをスコスコ動かすと暫くしてオイルが吸い出されてきた。暫く放置してはスコスコを繰り返して約30分。吸える範囲のオイルが全て抜けたようだ。全部で5L弱ほど。前回、下から抜いたときとそれほど変わらない量だった気がするし、全量抜けなかったとしてもそれほど問題にはならないと考えるため、これで良しとする。

 

抜けたら例のシュプリーム10W-405本入れてオイルゲージをチェック。ゲージの中間を示していたので6本目の投入はやめておいた。足らなきゃ、またレベル警告がでるだろうからその時に追加すればいいや。オイルにうるさい人からすれば顰蹙を買いそうな交換だが、エンジンなど案外それで壊れない・・・と思う。良い子の皆さんは真似しないでね(笑。

 

そして、オイル交換のサインをリセット。例によって英文でサイトを検索するといくつかヒットした。最近は動画でアップしてくれる人がいるので英語を解読しなくても済む。やり方は至極簡単だった。本当は写真入りで紹介すればいいのだが、今回はテキストだけで。

1. イグニッションON(エンジンは不始動)。

2. トリップメーターのリセットノブ(右側)を引く(押すとトリップリセット)。

3. 中央ディスプレイの表示がService・・・に変わるので一旦ノブを放す。

4. 再び同じノブを引くとリセット完了。残り15000kmの表示になる。

交換時の走行距離:47589km、費用:2500円程度(在庫オイル)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント