09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

YPJ-R納車

2016年 12月23日 17:45 (金)

20161720 XROSSが引き取られていって1時間ほど経つと携帯電話が鳴った。既に発注しておいたYPJ-Rの納車準備が完了したという。まるで下取りに出したようなタイミングである。すぐに取りに行こうかと思ったが、問題は自転車店までの足がない。TTRSで行き、軽トラをお店で借りて・・・と不可能ではないが面倒だ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 いや、待てよ。お店まで5 kmと離れていない。自分の足があるではないか。というわけで、店までは徒歩で行くことにした。散歩の拡大版という感じで、想像していたよりも楽にお店に到着。しかし、情けないことに翌日に若干の筋肉痛が・・・。

20161722 YPJ-Rは店のカウンター横に鎮座しており、別注しておいたライトもバーテープの一部をカットしてちゃんと取り付けてあった。お店の人が実際に使ってみて十分に明るいと勧めてもらっただけあって、後日通勤で使ってみると、夜間走行にも十分に対応できるものだった。やはり玉石混交のネット記事よりも、生のコメントは役に立つ。

20161721 乗ってみた第一印象はギアが重いというもの。これはロードモデルのギア比であるから当然ではある。試乗時にはあまり感じなかったのは軽いギアだったのか。XROSSではアシストオフが基本であったが、これはECOモードでもアシストを常時オンにしておいた方がいいのかもしれない。ただし、重いのはギア比のためであって、アシストオフであっても通常の自転車のように乗ることができる。ディレーラーも105が用いられており、これはスポーツモデルでは定番のパーツである。

20161724 アシストオンにすると、これはかなりスムースで、ここはさすがヤマハの製品といったところだ。また各モードの違いは明確であり、最も強くするとかなりのアシスト感がある。モードによるアシスト感の変化をあまり感じなかったXROSSとは対照的である。やはりアシストに関してはヤマハに一日の長がある。路面の状態があまり良くない場所での乗り心地は、さすがに数段良い。これが買い替えの大きな動機になったのだから、当然そうでなければ意味がない。

20161723 ネットの情報ではYPJ-Rについていろいろ書いてあるが、私には全てコメントの方向性が違うように思えた。基本はアシストオフで、辛い場合にオンにするという使い方が本筋だと個人的には思っている。それに、いわゆるロードモデルとしてYPJ-Rを見るのは見当違いだろう。ただメーカーもXROSSのように「通勤快速」という割り切りをしていないから、ユーザーが誤解?するのも無理はない。大メーカーの宿命として数を売らねばならず、いろいろと能書きをたれないといけないのだろう。

 

 現時点で私は通勤しか考えていないので、この自転車はドンピシャなのである。気が向いたら、また何か感想を書こうと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント