07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

禁断?の領域、アメ車試乗 (1)

2017年 01月14日 22:35 (土)

20161612  SLKに乗って以来、国産車から欧州車へ興味が広がった。しかしまだメジャーな存在ではあるが、興味の対象外にある車がある。表題通りのアメリカの車である。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 アメ車といえば、かなりアバウト、ボディも排気量も大きさが命というのが私のイメージ。ガソリンばかり喰って、直線番長というイメージもあり、これでは散々な評価である。デザインも全体的にあまり好きではないのだが、最近のコルベット(C7)はかなり気になる存在であった。そんなときにディーラーのフェアを知り、行ってみる気になった次第である。

20161616 高崎にあるディーラーへ行ってみると、さすがフェア中だけあり、ショールームにはグランスポーツとZ06の2台が、駐車場にはZ51のATとMTの2台があった。気になるサイズは、やはり大きいことは確かであり、全幅は1900mmに近い。ワイドボディの方は2000mmに迫る勢いである。しかし、全長は4500mm程度であり、思っていたよりはコンパクトであった。

20161614 見た目はとにかく派手という印象。多くの日本人は気恥ずかしいと思う気がするが、私はこのわかりやすい「」がよかったりもする。私の中では3代目が強烈に印象に残っていて(残念ながら悪い意味で)、当時はあのデザインが大嫌いであった。あのフェンダーのうねり具合がどうにも受け入れることができなかったのだ。その後のモデルチェンジで「普通」のデザインになり、これが逆に印象を薄くし、私の頭のなかから綺麗さっぱりいなくなってしまった。それが7代目になり、再び私の目の前に舞い降りたという感じである。

20161620 内装もかなり好みに仕上がっており、これほどドライバー優先のコクピット感溢れるものだとは思わなかった。ただし、一千万円級の車と考えると安っぽい。シートの具合も好感触であったが、こればかりは長距離を乗らないとわからない。クーペ(タルガトップ)もコンバーチブルも2シーターで、この割り切りは潔い。

20161618 日本に入ってくる欧州車右ハンドルが主流になりつつあるが、アメ車頑なに左ハンドル中心。トランプ氏はいろいろ発言しているけど、グローバルに売るならば、この辺はそろそろ自分中心の考えを改めてもらいたいとは思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2017年01月15日 17:42

自分も、アメ車の良さがイマイチわからないうちの一人です(笑
アメリカンカルチャーが好きな人にとってはたまらないのかもしれませんが、そうじゃない人種にとっては、真っ先に興味の対象外になっちゃいますね。

そんな背景の中でも、試乗に切り込んでいくていしあさんは素晴らしいです(笑

1059さん

2017年01月15日 18:40

アメ車はとにかく大味というイメージですね。
でも、どうやら最近はかなりヨーロピアンテイストになってきており、知っておいて損はないレベルまで来たようです。
ただ、それは従来のアメ車ファンからすれば「ちょっと違う」ということになりそうです。

コルベットには華があって、ちょっと憧れちゃいます。