タイトル画像

禁断?の領域、アメ車試乗 (2)

2017.01.15(21:30) 2472

20161615 ロングノーズで左ハンドル。運転できるかと恐る恐る動き出すと、意外にも運転しやすい。試乗前に営業担当からさんざ脅されていた強大なトルクもよく躾けられているという印象で、ドライ路面であれば安心して踏める


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 8速ATも悪くなく、アメ車というよりは欧州車を運転している感覚に近かった。ハンドリングは試せるような試乗コースではなかったが、悪くはないと思う。ブレーキも強力で、ガツンと踏んだときの安定性もいい。ただし、峠で振り回すというタイプの車ではなさそうである。しかし、重量配分がほぼ50:50で、重量も1.5tちょいというスペックを見ると、峠でもかなり走りができることは容易に想像がつく。ただ、ボディの大きさだけは如何ともしがたい。

20161617 TTRSより長いホイールベースは安定感があり、長距離の移動はかなり楽にこなすだろう。GTカーとしての実力はかなり高いと思われる。6.2Lのでかいエンジン(それでもスモールブロックと呼ばれている)をフロントに積むが、ミッションをリヤに持っていくことで先の重量配分を実現している。

20161613 OHVエンジンは、高回転が苦手のイメージがあるが、意外にストレスなく回り、強大なトルクと相まって走りやすい。もちろん、フェラーリのような官能性を求めても、それは無いものねだりである。この車に乗ると、DOHCだ何だというエンジン型式など何の意味もなく思えてくる。OHV大いに結構ではないか。

20161619 車を操るという楽しさは一歩譲るが、全体的な満足感は高く、食わず嫌いであったことがよくわかった。サイドにはトレードマークのエイが鎮座しているが、Stingrayの文字はない。商標権の関係で日本では使えないのだ。よりによってこの伝統ある名前が、ワゴンRに取られてしまうとは何ともやりきれない。最初にワゴンR Stingrayを見たときには、何だそりゃと思ったのだが、法的にはワゴンRが強かったわけだ。スズキさん、商標返しません?

 

 営業担当も、最近では珍しい当たりの人で、この人からなら買っても良い、いや買いたいと思えた。しかし、コスパは非常に高い車とはいえ、おいそれと買える金額ではないし、第一TTRSを手放すつもりは今のところ全くない。それでも非常に良い経験ができた日であった。

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<寒波到来 | ホームへ | 禁断?の領域、アメ車試乗 (1)>>
コメント
コルベット好きです。
アメ車の中で唯一気になる存在です。(^。^)
【2017/01/18 18:02】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
意外にもコルベット人気ですね。
かなりヨーロピアンテイストで、従前のアメ車を想像するとビックリします。
【2017/01/18 18:49】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2472-0f79b474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)