07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

エアエレメント交換

2017年 05月22日 22:47 (月)

20172353  CX-5のエアクリーナーはマツダのHPによれば、通常の使用で5万キロサイクルでの交換が推奨されている。5.5万キロを超えたのでそろそろ交換の時期である。構造は至って簡単なのでDIYでやることにした。やり方はネット上にいくらでも転がっているし、そもそもやり方など見なくてもできるほど簡単そうだ。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172362 まずはエレメントを入手しなければならない。ネットで調べてみると、純正、HKS、ブリッツ、オートエグゼ、K&Nがあった。K&Nは湿式なので私は好きじゃないから除外、HKSは効率が良さそうだがフィルター材質がお得意のスポンジなのでやめておいた。これはあくまで感覚的なもので、実際、インプレッサではHKSのフィルターをずっと使っており、何の問題もなかったことを申し添える。オートエグゼは準純正だが値段が高め。純正とブリッツは似たような価格だが、見た目がかっこいいブリッツにした(装着すれば見えないが)。そのまま注文し、すぐにモノは届いた。

20172358 ボンネットをあけると、エアクリーナーの蓋は2個のクリップで留められていた。これを外せばパカッと上部が外れる。念のためセンサー?のコネクターも外したが、これはそのままでも良さそうであった。吸入側はそれほど汚れてはいなかったが、姿を現したエアエレメントはそれ相応に汚れており(新品は白い)、虫や葉っぱもくっついていた。もちろんインマニ側はキレイであり、しっかりと機能していたことがわかる。

20172355 ブリッツのエレメントはくてちょっと格好いい。ステンレスメッシュで補強もしてあり、純正品より高品質に見える。これを入れ替え、フタをはめれば出来上がり。ツメをしっかりを押し込まないとクリップで留められない点は注意。外したコネクターをつなげて完了。

20172354 写真を撮りながらやっても15分かからなかった。次は10万キロなので、その頃には今回の交換のことはすっかり忘れているだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント