05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

201705CAOCツーリング~軽井沢~ (2)

2017年 06月04日 14:29 (日)

20172406 形だけでも上流階級の気分を味わい、次なる目的地である白糸の滝へ。一般車も増えてきたので、碓氷峠を駆け上がったペースではなく通常の?ツーリングのスピードで走った。遠い記憶だと、ここへの道はダートだったので、すっかりと足が遠のいていた。記憶違いか整備されたのか、もちろん今は舗装道路であった。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172409 岩肌から直接水が滲み出て滝になっているという、白糸の滝では常識?であることですら、全く記憶がなくて単純に感動できた。穴のあいたパイプが岩肌に仕込んであると言われると信じてしまうほど不思議な光景である。幸いなことにこの間だけは雨が上がっていた。滝はフィルターをつけてスローシャッターで撮影したいところだが、その余裕はなく平凡な写真になってしまった。

20172412 白糸ハイランドウェイを鬼押し出し方面へ抜け、鬼押ハイウェイに入った。広々とした浅間山の麓を走る有料道路は、有料であるのを納得できるものであるが、地元の人はまず走らない。もっともここは料金所をカットして、進入することも可能なので、どうしてもという場合はそうした手も使える。いずれにしろ、ここをまともに走るのも久々であり、オフ会ならではの経験である。

20172415 浅間山が背後に広がる駐車場に6台の車を並べ撮影。ここも運良く浅間山はほぼ完全に姿を表していた。平日であるから、他の観光客もほとんどおらず、浅間山とアウディのコラボを思い切り楽しむことができた。

20172418 万座・鹿沢口駅へ下り、今度は万座ハイウェイへ。前に数台連なっていた地元車と思われる車は全てK59へ直進していった。1050円というバカ高い通行料を払う地元車はまずいないだろう。ここも万座温泉へ行くとき以外は走らないので、やはり久々の走行だった。先行車はおらず、いいペースで走ることができた。碓氷峠のような激辛ではなく、文字通りの意味である。

20172421 S3スポーツバックのりんたろすさんが所用で離脱し、残り5台は草津温泉へと下った。途中のR292は濃霧で超低速走行を余儀なくされた。欧州車では標準的に装備されているバックフォグが活躍した。そこで遅い昼ごはんを軽く食べて、最後の目的地である品木ダムへ。草津温泉の強酸性温泉水を中和した水を貯めておくダムだ。石灰を投入して中和しているので、灰緑色の水が特徴的である。

20172425 ここも私はたぶん初訪問。こういう場所はかえって地元だと行かないもので、県外の人の方がよく知っている。おかげで良い経験をさせてもらった。ダムを後にしてR292旧道を下り、K55で暮坂峠へ。ここでこのツーリングは解散。東京組の4台を見送り、自宅へと戻った。

20172428 走行距離こそ短かったが、その燃費が示しているように、エンジンをガッツリと回した内容の濃い(濃すぎる?)ツーリングだった。

20172430本日の走行:235 km、燃費:9.2 km/L

スポンサーサイト

テーマ : アウディ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント