05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

続8J TTオフ (1)

2017年 06月14日 21:26 (水)

20172480 前回記事をアップしたばっかりであるが、早くも第2回?のオフが開催された。私は基本的には走りオフ以外にはあまり興味が無いのだが、やはり同じ車種に乗る人の話を聞くと、自車に対する情報が蓄積され、結果として愛着が深まる。そんなわけで、このオフには今後も出席するつもりである。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 今回は霧降高原がその舞台。梅雨に入ってから逆に比較的天気が良く、この日も例外ではなかった。金精峠越えで現地入りすることにして自宅を出発。広々とした昭和村の畑作地域を抜けて利根川河岸段丘を下り、反対側へ駆け上がった。

20172482 川場村役場の脇を抜けてK64へ。片品方面へ向かうのに私が好んで使う道である。移動として考えるなら距離も短く、トンネル開通により運転も楽なR120が間違いなく有利だし早いと思う。したがって、一般の人はほぼ100%これを使うため、K64は極めて交通量が少ない。走るにはお勧めだ。

20172483 沼田IC近くのセブンイレブンで調達した朝ご飯を、雪解け水で水量の増えた薄根川を見ながら食べた。TTRSをリスタートさせ、川場側の屈曲路を気持ちの良いペースでクリアし、トンネルを越えた片品川の直線基調の道をそのままの勢いで下った。いやはや、いきなり大満足である。

20172485 途中の道を左折してK64をショートカットしてR120を一瞬だけ走り、すぐさま右折して元サエラスキー場方面へ。ここはよく滑りに行った場所だが、今は営業していないと聞いている。どんなになっているかちょっと様子見。アプローチ路はあまり使われていないのだろう、アスファルトの割れ目からはが生えていた。広大な駐車場の一部には太陽光パネルがびっしりの並べられていた。センターハウスはそのままの形で残されており、廃墟とは言えないが物寂しさに包まれていた。私にとってはいい時代の象徴のような施設だっただけに、寂寥感も倍増である。

20172488 R120に復帰して金精峠へ。前を行く車は全て菅沼のキャンプ場へと吸い込まれていき、そこからはオールクリア。標高1500 mの世界にも遅い春がやってきたようで、新緑に包まれたワインディングを思う存分にマイペースで楽しんだ。トンネルを過ぎて、中禅寺湖を見下ろす定点に到着。天気もよく、素晴らしい見晴らしだ。

20172489 ハイカーと観光客で賑わっている戦場ヶ原を横目に、恐ろしく遅いタクシーに頭を抑えられたままいろは坂を下った。集合時刻にちょうどよく日光霧降アイスアリーナの駐車場へ。

スポンサーサイト

テーマ : アウディ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント