タイトル画像

続8J TTオフ (2)

2017.06.16(20:52) 2548

20172490 今回は5台のTTが集合。オレンジ色の珍しい個体も見ることができた。最終モデルの限定車であり、RSのアイデンティティである固定式リヤウイングを標準装着した唯一の非RSモデルである。外装にピアノブラックを効果的に使ってあり、実にカッコイイ。最終型ならではのモデルだろう。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172496 集まった人は一様に8Jのスタイリングが好きとのことであった。私は購入当初はそれほど好きというわけではなかったのだが、所有しているうちに見慣れてきたのか、なかなか良いと思うようになった。とは言え、私がTTRSに乗っているのは、あのエンジンとマニュアルミッションがとにかく好きであるからである。したがって、8Jがいいといっても2010年のRSモデル限定で、スタイリングは二の次であることは否定できない。

20172498 霧降高原道路を北上して大笹牧場で昼ごはん。食べながら話をしていると、急激に暗くなり大粒の雨が。暫く様子を見ていたが止む気配もないので、予定していた途中の施設は結果的にパスして、日光駅方面へ戻った。やはり山一つ越えると天候は回復というか、もとからほとんど降っていなかった。

20172504 予定していた解散場所の道の駅は大混雑のためパスし、宇都宮市内よりのコンビニで解散となった。今回もいろいろ話ができ、またTTを所有することに対するモチベーションが高まった。

20172505 当初はR122で帰る予定であったが、かなり南下してしまった。そこで鹿沼市街地を掠める「南ルート」(私が勝手にそう呼んでいる)を使うことにした。幾つかの小さな峠を越えるこのルートは一般道を使う場合の定番である。桐生の町へ抜ける小さな峠道はとても市街地の後背地とは思えない景色が見える。

20172507 桐生で有名な鰻屋である泉新でうな重を食べて帰宅。地元の人で混んでいる老舗で、焼味が強くタレは辛口なのが特徴的に感じた。これは好みの問題であるが、私の好みとは少し違う。かなり高めに感じた価格とあいまって、再訪することはなさそうだ。これは私の好みと価格のバランスから別のお店を選ぶという意味であり、このお店が一般的にNGということはない。そうは言っても、最後は好物のうなぎで〆という、満足するに十分なオフ会+小ドライブであった。

20172506

スポンサーサイト

TTRSを走らせろ -no matter when and where-


<<梅雨の合間 福島ツーリング(1) | ホームへ | 続8J TTオフ (1)>>
コメント
TTはスタイリングに惚れてオーナーになる方も多いですね。
その気持ち解ります。
それにしても鰻は最近食べていないなぁ。
あ〜食べたくなってきた!
出来ればお値打ちなのをね。(^ω^)
【2017/06/18 10:53】 | シバタク #PaK5/ZHM | [edit]
スタイリング先行で中身は・・・・という話も聞きますが、TTの走りは一般的には相当高いと思っています。乗っていく場所も選ばず、オールマイティーに使え、バランスという点では抜群でしょう。

私もお値打ちのうなぎがいいです(笑。
【2017/06/18 12:54】 | ていしあ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://masqurin.blog85.fc2.com/tb.php/2548-6b23ed0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)