08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

梅雨の合間 福島ツーリング(2)

2017年 06月23日 22:07 (金)

20172521 鮫川村の中心を過ぎると車が増えてきた。K14に左折し、広域農道へ右折した。やはりこの農道も期待を裏切らず、快音を響かせTTRSを進めた。福島空港へのバイパスと並行する県道を西進→北上した。相変わらずの好天で、遠く磐梯の山々もはっきりと見えていた。田植えを終えたばかりの水田を風が撫で、熱くなった体をクールダウンしてくれた。


にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

20172522 須賀川市街地を軽く迂回し、町外れの農道沿いにあった寿司屋で昼食にした。食べられる時に食べないと、空腹を抱えたままのドライビングを強いられる可能性が高いことは、これまでの経験が教えてくれている。穴子重で腹を満たし、食後の運動は御霊櫃峠

20172525 いかにも曰く有りげな名前であるが、全舗装で走りやすい。峠はハイキングコースになっているのか、駐車場は満車状態であった。峠からは猪苗代湖が見え、眺望が良い。好天の時にはこの道を選択する理由になる。一気に峠を降って猪苗代湖畔へ。

20172526 猪苗代湖南岸はメインルートのR294からはずれているため、これまで立ち寄ったことはなかった。そこで、湖ギリギリを通るK376を走ってみた。ここも好天に恵まれ、極めて気分が良い。バーベキューをやっているグループもおり、湖畔でのんびりするのもいいなと思った。前回立ち寄ったのは、まだ雪も残り風が強い日だったので、その落差の大きさに驚くばかりだった。

20172528 R294からK374へ。背あぶり高原を経由して東山温泉へと下る道である。急勾配と小さな曲率のコーナーはタイヤには優しくない。しかし、そんなことを気にしないようにアジアンタイヤを使っているのだ。またしてもゴリゴリと身を削らせ、走りを楽しんだ。

20172529 下ったところのセブンイレブンでコーヒーブレイクし、会津若松市内を抜けて大内宿方面へ向かった。一大観光地となった大内宿だが、会津方面からアクセスする車は少ない。天気もいいので大混雑を予想していたが、駐車場には余裕がかなりあった。大内宿はもう何度も行っているので、立ち寄ることもなく通過。目的はその先にあるK346である。

20172533 以前通ったときよりも走りやすくなった気がしたK131からK346へ。どんな道なのだろうと単に興味を持っただけなのだが、これが大正解。交通量皆無の二車線道路はTTRSとのマッチングがバッチリだった。集落の中は徐行するが、人気がなくなった場所では遠慮なくアクセルを開けさせてもらった。またしても嬉しい発見であった。

20172534 R401に突き当たり左折。余力があればR252で新潟側へ抜けるつもりだったが、さすがに時間も体力もここまで。素直にR121で帰路についた。ただ、このR121とそれに続くR122はペースメーカーの巣窟。できれば避けたいところだったが、致し方ない。今回も我慢の走行となった。

20172537 最後はちょっとアレだったが、それはご愛嬌。それより、阿武隈の道の素晴らしさを十分に堪能できたことの方が喜びとして大きく上回った。阿武隈地域には、まだまだ人のいない(少ない)楽しそうな道が埋もれていそうだ。福島には、磐梯地域という一級の観光地があり、景色も素晴らしい。しかし、私はマイペースで走り続けることのできる阿武隈地域に今後も足を向けるだろう。

20172539本日の走行:608 km、燃費:12.5 km/L


スポンサーサイト

テーマ : ツーリングレポート
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

東北遠征

2017年07月01日 17:49

私もていしあさんのツーリングを参考にさせて頂き東北遠征を試みました。K227は入り口の狭さに日和ってしまいました😰。
迂回した白河でもそれなりに良い場所も有りましたし、日塩有料道路ではかなり頑張りすぎましたねー。

MASAARUさん

2017年07月01日 23:34

こんばんは。
かなりマニアックな道なので、参考になったかどうか(汗。R227は一般にはあまり勧めはしません。が、あんな道が私は好きなんですよね。

観光地を外した福島には走れる道がワンサカありますよね。私もいずれまた行きます。